GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.07.21(Thu)

ブラック・チャイナ、ロブ・カーダシアンの第一子を妊娠中!

ロブ・カーダシアン&ブラック・チャイナ

米モデルのブラック・チャイナ(Blac Chyna、28)と婚約者でリアリティ・スターのロブ・カーダシアン(Rob Kardashian、29)との間に男の子が生まれる予定だとブラックの父親が語った。

現在ブラックは、彼女にとっては2人目の、ロブとの間では1人目の子どもを妊娠中だ。ブラックには元恋人でラッパーのタイガ(Tyga)との間に産まれた息子のキング・カイロ(King Cairo、3)君がいて、現在タイガはロブの父親違いの妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)と付き合っている。もうすぐブラックにもう1人の男の子が産まれると、ブラックの父親のエリック・ホランド(Eric Holland)が明かした。

エリックによると、本名レネー・アンジェラ・ホワイト(Renee Angela White)である娘のブラックとロブが、生まれてくる赤ちゃんの性別を彼に告げたのは7月4日の独立記念日だという。

「ロブと私は何回か2人っきりで話をしている。彼は息子の誕生をとても楽しみにしているよ」とエリックは英Now誌に語った。「娘にとって最も大切なのは子どもの健康なんだ。初めて子どもがお腹の中でキックした時は2人ともすごく興奮していた」

「2人は子どもの名前を決めたが、まだ誰にも言っていない。子どもが産まれるまでは公表したくないんだ」

ブラックとロブは今年の1月から交際を始め、4月には婚約を発表した。エリックは2人のことを「お似合いの」カップルだと語り、子どもはたった1人では終わらないだろうと予想している。

「ロブにはこう言ったんだ『息子1人で終えるつもりはないんだろう』ってね。彼は笑ってたよ」と付け足したエリック。「4人かそれ以上子どもが産まれても驚かないね」

エリックは娘のブラックがロブのことを「踏み石」に使っているという噂を否定している。ロブには有名人であるコートニー(Kourtney)、キム(Kim)、クロエ(Khloe)というカーダシアン姉妹がいて、父親違いの妹であるケンドル・ジェンナー(Kendall Jenner)とカイリーの姉妹がいる。エリックによると、ブラックも含めた全員がお互いのことを愛しているそうだ。

エリックは2人の結婚式についても軽く触れた。式は2017年の初頭になるかもしれないが、まだ詳しい日程は決めていないという。エリックはロブが義理の息子になることを待ちきれず、靴下デザイナーであるロブを地に足がついていて、名声をひけらかしていないと賞賛している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team