GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.07.20(Wed)

ジョシュア・ジャクソン&ダイアン・クルーガー、交際10年で破局

ダイアン・クルーガー&ジョシュア・ジャクソン

 独女優のダイアン・クルーガー(Diane Kruger, 40)とカナダ出身の俳優ジョシュア・ジャクソン(Joshua Jackson)が、交際から10年で破局した。2人の代理人は18日、米People誌に対し、破局が事実だと認めた。しかし今後も友好的な関係を維持すると説明している。

 「ダイアン・クルーガーとジョシュア・ジャクソンは別れることを決めましたが、今後も友人であり続けます」と代理人はコメントしている。

 ダイアンとジョシュアは彼女の誕生日である15日、ニューヨーク市内を2人きりですごす姿をパパラッチされていただけに、破局は驚きをもって受け止められた。しかし別れを決めたのはその翌日だったらしく、ダイアンは16日、自撮り画像をInstagramのプロフィール欄に公開。「これは私のパーティーだし、泣きたい時に泣くわ」というジョシュアとの別れをほのめかすキャプションを添え、「#anewbeginning」(新しい始まり)というハッシュタグをつけた。

 『イングロリアス・バスターズ』などで知られるダイアンは18日にも謎めいた写真をInstagramに投稿。伝説のロックギタリスト、故ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の詩を引用した写真をキャプションなしで公開した。

 「人生の物語はまばたきよりも早い。愛の物語は再び会うまでのハロー・グッバイ」という心に響く言葉が書かれている。

 ほんの数ヶ月前までダイアンとジョシュアの関係は順調だとみられていた。彼女は3月、Net-a-Porter(ネッタポルテ)のウェブマガジン「The Edit」とのインタビューで、ジョシュアと一緒にニューヨークに引っ越すことを決めたと明かしていた。とはいえ、2人は結婚を望んでいなかった。

 「結婚していない理由は言える。お互いに宗教的じゃないからだよ」とジョシュアは2014年、米Glamour誌とのインタビューで打ち明けた。「牧師の前に立ったり、盛大なパーティーをしていなかったりすることで、ダイアンとの真剣な関係に影響が出たことはないと思っているよ。お互いに両親が離婚しているから、結婚を大人として別の人と深く関わっていることを証明するものだと額面通りに受け入れるのは難しいんだ」

 「いつかは変わるかもしれない。結婚する可能性はなきにしもあらずだよ」

 ジョシュアは結婚したことがなく、ダイアンとは2006年に交際をスタート。彼女は同年、夫である仏俳優で監督のギヨーム・カネ(Guillaume Canet)と離婚した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team