GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.07.14(Thu)

『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督、『007』新作の演出には興味なし!

ポール・グリーングラス

 映画監督のポール・グリーングラス(Paul Greengrass)は、『007』シリーズ最新作でメガホンをとるつもりはまったくないようだ。

 グリーングラス監督はスパイ映画に精通しており、『ボーン』シリーズでは3本の監督を務めた。マット・デイモン(Matt Damon)は先日、自分が演じるジェイソン・ボーンのほうがジェームズ・ボンドより好きだと語っているが、グリーングラス監督はオスカー俳優のデイモンに賛同している。

 英BBCのラジオ局Radio 4の番組「トゥデイ」に出演した監督は、ボンド映画のメガホンをとりたいかと質問されると、「正直に言うと、本当にノーだ」と答えた。「(『007』シリーズのプロデューサー)バーバラ(・ブロッコリ、Barbara Broccoli)とは知り合いだし、話し合ったこともある。自分のひいきのサッカーチームのようなものだよ。私はボーン派だし、ボーンが好きだ。以前も言ったことはあるけれど、(『007』は)もちろん本当にすばらしいシリーズだし、50年も続いている。その成功には敬意を表すべきだ」

 また、先日の英Esquire誌とのインタビューで007のことを「女嫌い」だと語っていたデイモンと同じく、グリーングラス監督にとって最大の問題はボンドが象徴するものにある。ジェイソン・ボーンのキャラは今の時代に生まれたものだが、ジェームズ・ボンドは作者のイアン・フレミング(Ian Fleming)が原作小説を書いた1950年代にさかのぼる。

 「映画人として個人的に言うと、ボンドが内包するものは英国、世界、男らしさ、力、帝国を表していて、自分とは共通するものがない」と監督は認めた。「むしろその正反対だ。一方でボーンが内包するものは懐疑とでも言うものだ。ものごとには自己と他者があり、ボーンは自己だがボンドは他者のために仕事をする」

 「だから子どもの時にクラスの後ろでロールパンを投げつけていたような人として言うと、自分は間違いなくボーン側の人間だ」

 シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』は日本でも10月に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki