GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.08(Wed)

ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォー Z』続編が公開予定リストから削除! 『13日の金曜日』最新作も

 俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)が主演する『ワールド・ウォー Z』の続編が、2017年の公開予定リストから姿を消した。

 パラマウント・ピクチャーズとスカイダンス・エンターテイメントは6日、2013年に封切られた『ワールド・ウォー Z』の続編が、予定されていた6月9日には公開されないことを事実として認めたと米Hollywood Reporter誌が伝えた。新たな公開日は発表されていないが、スタジオ側は2018年から2019年までに『World War Z 2(原題)』が公開されることを願っているようだ。

 公開の延期は、当初監督を務める予定だったJ・A・バヨナ(Juan Antonio Bayona)が昨年降板したことを考えれば特に驚きでもない。バヨナはその後、『ジュラシック・ワールド』の続編を手がける契約を交わした。

 米Variety誌は昨年8月、ブラッド主演の1995年の映画『セブン』でメガホンをとったデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)監督が『ワールド・ウォー Z』の続編を引き継ぐ候補に挙がっていると報じたが、バヨナ監督の後任については未だに正式な発表がないままだ。

 現時点では『World War Z 2』の撮影は始まっていないものの、ブラッドが主役のジェリー・レインを再演することは確実とみられている。

 マックス・ブルックス(Max Brooks)の同名小説にインスピレーションを得た『ワールド・ウォー Z』は、制作段階で多くの問題の対応に追われ、追加撮影も繰り返された。しかし公開されると好意的な評価を得て、5億4,000万ドル(約607億円)の世界興収を叩き出し、ブラッドのキャリアで最大のヒットの1つとなった。

 一方、パラマウントが公開予定リストから削除したのは『World War Z 2』にとどまらない。当初は今年10月13日の封切りを予定していた『13日の金曜日』シリーズ最新作もスケジュールから外されている。

 しかしパラマウントは同時に、ダーレン・アロノフスキー(Darren Aronofsky)の最新作『Mother(原題)』が、アワードシーズンのスタート時期と重なる10月13日に公開されると発表している。同作にはジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)、ハビエル・バルデム(Javier Bardem)、ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)、ドーナル・グリーソン(Domhnall Gleeson)、エド・ハリス(Ed Harris)らが出演する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial