GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.06.01(Wed)

リアム・ヘムズワース、過去にマイリー・サイラスと一度別れたのは、ふたりとも若すぎて仕方のないことだった!

リアム・ヘムズワース

豪州出身の俳優リアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth)は、交際と別れを繰り返してきたGFで米歌手のマイリー・サイラス(Miley Cyrus)との前回の破局は、ふたりともまだ結婚するには若すぎる年齢だったことから“起こるべくして起こったこと”だと考えているという。

共演した2010年映画『ラスト・ソング』の撮影セットで出会ったリアムとマイリーは、2012年7月に婚約したが翌年の2013年には婚約を解消した。しかし、リアムは、ふたりが若すぎたにせよ、その頃一緒に時をすごしたことは、何ら間違いではなかったと考えている。

「自分が感じたことに基づいて行動するのは、良いことだと自分は思っている」と、豪州版GQ誌にリアムは語っている。

「自分が幸せになれること、自分がそれが正しいことに思えて、そうしたいとも思うことを基準に、自分はどう行動するかを判断している。それ以外のことは、あまり心配しないんだ」

マイリーとの破局が、どちらにとってもすごく辛いことだったと認めるリアムだが、ふたりにとって互いから距離を置く時間が当時は必要だったという。

「むろん、つらかったよ。しかし、あの頃はふたりが別々の方向に歩きだしていて、互いから離れることが必要だったんだ。ふたりともまだとても若く、当時としてはとても良い判断だったと思う。ふたりとも、それを必要としていたんだ」

昨年、再び互いに対する気持ちが戻って復縁したリアムとマイリーは、自分たちの交際をなるべく周囲の目にさらさないと決心している。もっとも、リアムはファンたちが、自分たちの交際が実のところどうなっているかをたぶん察するだろうと受け止めているという。

「みんなに、自然と分かることになると思うし、もう分かっているのだろうと思うよ」

自身のプライバシーをなるべく守りたいとリアムが考えるのは、ことをややこしいことにしたくないからだと、リアムは以前に述べたことがある。

「自分の私生活についてあまり語りたくないのは、たいてい自分が言い方を間違えて、話を難しくしてしまいかねないからなんだ」と、今月前半に米TVエンタメ情報番組Entertainment Tonightに対してリアムは語っている。「だから、何も話さないのが一番だと思っているのさ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial