GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.05.18(Wed)

エル・マクファーソン、1980/1990年代にスーパーモデルがもてはやされたのは、金融業界が浮かれていたから!?

エル・マクファーソン

1980年代初頭から活躍し、見事なプロポーションから“The Body”(ザ・ボディー)というニックネームを奉られたオーストラリア出身モデルのエル・マクファーソン(Elle Macpherson、52)は、シンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、リンダ・エヴァンジェリスタ(Linda Evangelista)などと並ぶ、いわゆるスーパーモデルたちの第1世代のひとり。そんなエルが、彼女たちが特に活躍した1980年代や1990年代のことを英Hello!誌に対して回顧している。

「あの頃は、自分たちのことを、一般大衆からかけ離れたものとして見せる、そういうことだったわね。偶像化したセレブにすればするほど、人気が出たという感じだった。当時は、ウォールストリートが最も鼻息が荒かった時代。金銭的な成功とルックスをもてはやす雰囲気が蔓延していた」と、エル。

「いまは、ファッションモデルも、ソーシャルメディアで地道に交流してファンを増やして行っているわね。新しい世代のモデルさんたち、特にカーリー・クロス(Karlie Kloss)などは、とてもいいと思う」

Sports Illustrated誌の水着特集号から「ヴァレンティノ」(Valentino)の広告に至るまで、多くのファッションブランドと仕事をしてきたエルだが、いまはライフスタイル方面に軸足を移し、自身が展開する商品ラインも好調だ。昔のことを振り返って、かつてはすべてがグラマラス一辺倒だったと、エルは笑う。

「1980年代に、アズディン・アライア(Azzedine Alaia)のようなビジョンを持ったデザイナーたちが、女性をスーパースターにしようと考えたのよね。アライアのデザインした服を着て、ヘアもメイクも眩しいほどに素晴らしくして、わたしたちが部屋に入ってくる。わたしたちがアイコンになるように、公衆に向けてプロモーションされたのよ」

ナオミやシンディなどのスーパーモデル仲間とは、いまでも親しいというエル。クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)とは、自分たちの子供同士が同じ学校に通っている関係で頻繁に会うとのことだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto