GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.05.18(Wed)

エル・マクファーソン、1980/1990年代にスーパーモデルがもてはやされたのは、金融業界が浮かれていたから!?

エル・マクファーソン

1980年代初頭から活躍し、見事なプロポーションから“The Body”(ザ・ボディー)というニックネームを奉られたオーストラリア出身モデルのエル・マクファーソン(Elle Macpherson、52)は、シンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、リンダ・エヴァンジェリスタ(Linda Evangelista)などと並ぶ、いわゆるスーパーモデルたちの第1世代のひとり。そんなエルが、彼女たちが特に活躍した1980年代や1990年代のことを英Hello!誌に対して回顧している。

「あの頃は、自分たちのことを、一般大衆からかけ離れたものとして見せる、そういうことだったわね。偶像化したセレブにすればするほど、人気が出たという感じだった。当時は、ウォールストリートが最も鼻息が荒かった時代。金銭的な成功とルックスをもてはやす雰囲気が蔓延していた」と、エル。

「いまは、ファッションモデルも、ソーシャルメディアで地道に交流してファンを増やして行っているわね。新しい世代のモデルさんたち、特にカーリー・クロス(Karlie Kloss)などは、とてもいいと思う」

Sports Illustrated誌の水着特集号から「ヴァレンティノ」(Valentino)の広告に至るまで、多くのファッションブランドと仕事をしてきたエルだが、いまはライフスタイル方面に軸足を移し、自身が展開する商品ラインも好調だ。昔のことを振り返って、かつてはすべてがグラマラス一辺倒だったと、エルは笑う。

「1980年代に、アズディン・アライア(Azzedine Alaia)のようなビジョンを持ったデザイナーたちが、女性をスーパースターにしようと考えたのよね。アライアのデザインした服を着て、ヘアもメイクも眩しいほどに素晴らしくして、わたしたちが部屋に入ってくる。わたしたちがアイコンになるように、公衆に向けてプロモーションされたのよ」

ナオミやシンディなどのスーパーモデル仲間とは、いまでも親しいというエル。クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)とは、自分たちの子供同士が同じ学校に通っている関係で頻繁に会うとのことだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team