GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.05.16(Mon)

グウェン・ステファニー、元夫ギャヴィン・ロスデイルとの話し合いで激怒?

グウェン・ステファニー

 ロックバンド、ノー・ダウト(No Doubt)のグウェン・ステファニー(Gwen Stefani, 46)が12日、元夫でブッシュ(Bush)のフロントマンとして知られるギャヴィン・ロスデイル(Gavin Rossdale, 50)と話し合いのため再会したが、明らかに緊張し、動揺した様子だった。

 昨年に別れた元夫妻はビバリーヒルズで会っているところを目撃された。音楽オーディション番組「ザ・ヴォイス」にコーチ役で出演していたグウェンは、ギャヴィンとの45分間の話し合いを終えて車に乗り込み、無表情で憮然とした顔で走り去ったと米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」が伝えている。

 「彼女はすごく怒っているように見えた」とある目撃者はエンターテイメント情報サイト「ET Online」に語っている。「2人はいつもすごくクールで友好的だったのに、彼女は全然違って見えた。よそよそしく、悲しそうな顔をしていた」

 話し合いの後のグウェンがイライラしていたとみられる一方、ギャヴィンはリラックスした様子で、パパラッチに手を振る余裕を見せて車で走り去ったという。

 元夫妻の離婚は結婚から13年後の今年4月に成立。キングストン(Kingston, 9)君、ズーマ(Zuma, 7)君、アポロ(Apollo, 2)君の3男を授かっている。別れたのはギャヴィンの浮気疑惑が理由だった。

 「できることなら、すべてを話したいけれど、きっとショックを受けるでしょうね」とグウェンは3月に打ち明けている。「とても面白い、話題性のある話なの」

 ETが入手した離婚調停の書類によると、家族で住んでいた家は売却され、資産も分割されることになっている。子どもたちを新しい家に移すことに乗り気ではなかったと言われるグウェンは、この取り決めに不満を感じていたとされる。

 元夫妻は子どもたちの身体的・法的親権を共有する。ギャヴィンはカリフォルニア州法により、結婚していた間にグウェンが稼いだお金の半分の権利を持っていたが、元妻が自ら稼いだお金を受け取ることを拒んだ。ギャヴィンは3,500万ドル(約38億円)、グウェンは1億2,000万ドルの資産を持つとみられている。

 グウェンは昨年11月からカントリー歌手のブレイク・シェルトン(Blake Shelton)と交際している。「ザ・ヴォイス」で共演したことがきっかけで知り合った2人は9日、デュエット曲「Go Ahead and Break My Heart」を同番組で初披露した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team