GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.05.10(Tue)

アジーリア・バンクス、ドナルド・トランプを支援したことで波紋が拡大!

アジーリア・バンクス

 ラップ歌手のアジーリア・バンクス(Azealia Banks)が、米大統領選で共和党の候補に確定したドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の支持を表明したことに対し、意見の異なるファンから批判が殺到している。

 派手な言動で知られる不動産王のトランプ氏は時期大統領の座を狙っているが、歯に衣着せぬ物言いでも知られるアジーリアから思いも寄らない支持を受けている。

 「ドナルド・トランプが本当に選挙で勝ってほしい」とアジーリアは7日、Twitterに書き込んだ。「(民主党の候補者指名を争う)バーニー・サンダース(Bernie Sanders)には影響力がないって言ってあったはず。彼が候補になるなんてありえないと言ってきたわ」

 トランプ氏は選挙活動を通じ、イスラム教徒やラテン系の人々をひどく傷つけるような発言を連発。しかしあるフォロワーがトランプ氏のことを人種差別主義者だと批判すると、アジーリアはトランプ氏をかばってみせた。これまで黒人文化を軽視しているとして同じく歌手のイギー・アゼリア(Iggy Azalea)やリタ・オラ(Rita Ora)らを批判してきたアジーリアは、自分のことを頑固者とした上でトランプ氏を擁護した。

 「私だってそうよ! …(笑)」とアジーリアはトランプ氏を人種差別主義者だと批判したファンに言い返した。「人種差別主義は、この国の構造に織り込まれている。それが私たちの本性よ」

 「すべてにおいて政治的に正しく、自分たちが人種差別主義者じゃないと言い張るのは、文化に対して良くない。検閲は退屈だわ」とアジーリアは続けた。「検閲はゴミだわ。テレビや映画はそのせいで余計につまらなくなった。誰も何も言えなくなっている」

 アジーリアが大統領選挙について持論を展開したことをほめるファンも一部にはいるが、あるフォロワーは彼女の発言を批判し、「同性愛嫌悪や内面の人種差別・性差別主義がここまでひどくなるまでは、アジーリア・バンクスのことが好きだったのに」とツイート。別のファンも「アジーリア、あなたにはセラピーが必要だわ。幼い頃に母から抱きしめられたことがないと言っていたけど、ここへ来てその悪影響が出てきているみたい」と提案した。

 これに対し、アジーリアは次のように切り返している。「お粗末な言い訳ね。私の意図を理解するどころか放棄している。自分のために考えることを拒否しているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial