GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.05.07(Sat)

ゼイン・マリク、ジジ・ハディッドと一緒に住むためにロンドンとロサンゼルスで家を買うことを検討中?

ゼイン・マリク&ジジ・ハディッド

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)を脱退後はソロアーティストとして活動しているゼイン・マリク(Zayn Malik, 23)が、200万ポンド(約3億1,000万円)を用意して米モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid, 21)と一緒に暮らす家を2軒も買うことを計画しているらしい。

 ゼインは現在活動休止中のワン・ダイレクションから昨年脱退した後、ジジとの交際をスタート。ゼインはその直前に英ガールズグループ、リトル・ミックス(Little Mix)のペリー・エドワーズ(Perrie Edwards)との婚約を解消しているが、ソロデビュー曲「ピロートーク」が大ヒットしているゼインは、ジジと真剣な交際をする決意を固めたようだ。

 しかしゼインは、ジジの母親でリアリティ番組でも人気のヨランダ・フォスター(Yolanda Foster)を説得する必要がありそうだ。

 「ゼインは200万ポンドをかけて、ロサンゼルスとロンドンでジジと一緒に住む家を買おうと考えている」とある事情通は英Closer誌に語っている。「ヨランダはジジにとって人生でとても大切な存在だと分かっているけれど、少なくとも1年は婚約しないでと娘に忠告したと聞いてムッとしていた。邪魔していると受け止めたんだ」

 一方のジジは、真剣交際を望むゼインの熱意と、結婚を急がないでと促す母親の間で板挟みになっているようだ。

 「ジジは迷っている。ゼインと一緒に住んで、お互いに真剣だと世界に見せつけたいと心から願っているけれど、性急なゼインのことを母が心配する理由も理解している」

 「マネージメントを手がけている母との関係に、大きな緊張が生まれている。ヨランダはもうジジとほとんど会えなくなったと不満を漏らしている」

 ゼインとジジは2日夜に開催された、「METガラ」ことメトロポリタン美術館主催の「コスチューム・インスティチュート・ガラ」パーティーでも注目を集めた。ゼインはロボット風の腕をあしらったスーツ姿で登場し、今年のテーマである「マヌス・エクス・マキナ」(手仕事×機械)を表現した。

 ゼインとジジは付き合ってからまだ半年だが、彼はすぐにでも次のステップに進みたいと思っているようだ。

 「ゼインはジジともう結婚したような気分になりたいと思っていて、一緒に住むことで彼女が単なるペリーとの破局のリバウンドではないことを証明できると考えている。ヨランダは2人が交際を急がないでほしいと必死だけど、ゼインは同棲で彼女との関係がより強くなると言って譲らない」と事情通はつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial