GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.05.06(Fri)

チャニング・テイタム、自閉症のファンの夢を叶えてYouTube番組に出演!

チャニング・テイタム

 俳優のチャニング・テイタム(Channing Tatum, 36)が、自閉症のファンが望んでいたインタビューに応じ、ぶしつけな質問にも率直に答えた。

 言語障害のため、意思の疎通にパソコンを使っているカーリー・フライシュマン(Carly Fleischmann)は自身初となるYouTubeでのトーク番組「スピーチレス・ウィズ・ カーリー・フライシュマン」の初回に、『マジック・マイク』などで知られるチャニングをゲストに迎え、私生活や女性の好みなど、突っ込んだ質問を連発した。

 「21歳の自閉症の女性とデートする気はありますか?」とカーリーはずうずうしい質問でインタビューを始めた。妻帯者であるチャニングは笑いをこらえつつ、まず妻で女優のジェナ・ディーワン(Jenna Dewan)の許可をとらないといけないと答えた。

 「いいわ、今この瞬間にも、弁護士にあなたの離婚申請書を用意させてもらうわ!」とカーリーはジョークで返した。

 続いてカーリーは男性ストリッパーをしていたチャニングの過去について触れ、「若い頃、ストリッパーでしたね。その夜の仕事が終わったら、何人の女性を家に連れ込んでいましたか?」と質問した。

 「いつもより多い夜もあったよ」とチャニングが正直に答えると、話題は娘のエバーリー(Everly, 2)ちゃんへと移った。

 「もし娘さんがもうデートできる年頃だとしたら、俳優仲間でデートを禁じる人は誰で、その理由も教えて」とカーリーは尋ね、「もしそんなに悪い人なら、ハリウッドで近寄らないほうがいいのは誰か、助けを求めるべきかを知っておきたいから聞いているの!」と明かした。

 チャニングは笑ってこう答えた。「全員だよ。娘とデートしてもいい俳優の友だちはいない、というのが答えだ! でも、年齢が離れすぎていることだけが理由なんだ。もし付き合ったら変だからね」

 さらにカーリーはインタビューの最中に、気味悪いフィギュアの入った箱を手渡し、人形嫌いなチャニングは恐怖に直面する羽目になった。箱を開けたチャニングは、「うわ! 大変なことになったよ、こんなのを触ることになるなんて」と悲鳴を上げた。

 カーリーはインタビューに応じてくれたチャニングに感謝し、「荷物はもうあなたの家に送ってあるから、いつでも引っ越しできるわ!」とジョークで締めくくった。チャニングも「おいでよ、泳ぎに行こう」と応じた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial