GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.28(Thu)

レベッカ・ローミン、ケンダル・ジェンナーら「SNS系」若手モデルはやがて忘れられると苦言!

レベッカ・ローミン

 今もっとも人気のモデルであるケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)やジジ・ハディッド(Gigi Hadid)らの束の間の名声はもうすぐ終わるとモデルで女優のレベッカ・ローミン(Rebecca Romijn, 43)が批判している。

 レベッカは今の若手モデルに良い印象を持っておらず、ファッション業界での資格でよりも、「ソーシャルメディア上の存在感」でのほうが有名だと指摘した。

 「フォロワーの数が収入につながることを証明した人はまだ誰もいないわ」とレベッカは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」で語っている。「いら立たしさを感じる」

 「まっとうなファッション業界人の中には、SNSの人気者がファッション界のスーパーモデルとなっていることに耐えられず、嫌いだと思っている人が大勢いる。彼女たちは本当のスーパーモデルじゃない」

 『X-MEN』シリーズにも出演していたレベッカは、Vogue誌などトップクラスのファッション誌の編集者がSNSの人気者を扱うことで、業界の役に立っていないとも力説した。

 「私は常に、Vogue誌がフォロワーになるのではなく、新たな道を切り開いてくれると思って見ていたわ」とレベッカは続けた。「他の人たちがやっていることを真似るのではなく、Vogueが設ける基準に頼っているの。だからSNSの人気者が私たちのファッションの基準を設けるというトレンドを、ファッション誌が支えていることにがっかりしているわ」

 「でも変化は来る。ファッション界は常にそうだわ」

 しかしレベッカは、特大サイズのモデルとして知られるアシュリー・グラハム(Ashley Graham)が最近、米Sports Illustrated誌の水着特集号の表紙を飾ったことを支持し、こう語っている。

 「アシュリー・グラハムは、私がこれまでに見た中で最も美しい女性の1人よ。とても健康的で、Sports Illustratedがこの国でもっと大勢の人たちが共感を持てる人を起用して、美の基準を広げているのはすばらしいと思う」

 「アシュリー・グラハムよりセクシーになれる女性はいない。彼女こそ最高にセクシーだわ」

 レベッカ自身もモデルとしての絶頂期を迎えていた1990年代に同誌に起用されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial