GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.26(Tue)

エリザベス・オルセン、名声に興味はなくセレブカルチャーは「変」だと一蹴!

エリザベス・オルセン

 女優のエリザベス・オルセン(Elizabeth Olsen, 27)は、有名になりたいと思ったことがなく、セレブをもてはやす今の流行を奇妙だと感じている。

 エリザベスは『ゴジラ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』などの大作映画やインディーズ作品に出演して女優としての人気を獲得し、有名な双子の姉メアリー=ケイト(Mary-Kate)とアシュレイ(Ashley)の影から表舞台へと飛び出した。しかし女優を目指すという決断には、一抹の不安がなかったわけではないと認めている。

 「女優になりたいと思っていたけれど、あまりにも陳腐な気もしていたの」とエリザベスは英Sunday Times Style誌とのインタビューで打ち明けた。「大げさな演劇経験のようなものにできたら、それも正当化できると思っていたわ。でも、セレブリティや名声はとても奇妙に感じるし、これっぽっちも望んでいない」

 エリザベスは米TVシリーズ「フルハウス」などで子役スターとして人気者になった姉たちの撮影現場を学校帰りによく訪れていただけに、名声の副作用も幼い頃から身にしみて知っている。

 「姉たちの仕事を見て育ったわ」とエリザベスは説明した。「特別なものとは思っていなかった。仕事でしかなかったの。そのおかげで業界とはとても健全な関係が持てるようになった。姉たちが小さい頃にすごいプレッシャーを経験したのは確かだけど、今ではソーシャルメディアのおかげで、誰でも同じことを経験していると思う」

 一方、エリザベスはジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)やルーニー・マーラ(Rooney Mara)、シャイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)ら若手女優と同じく、TwitterやInstagramを使っておらず、このままSNSとは距離を置くほうがいいとも話している。

 「SNSをしないのは、今のままでいられるほうがいいというのも理由の1つなの」とエリザベス。「Instagramのページをフリックしているよりも、(店などの)軽食スペースに溶け込んで新聞を読んだり、コーヒーを飲んだりしているほうがいいわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial