GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.04.25(Mon)

ジョー・ジョナス、ジジ・ハディッドが別れてすぐにゼイン・マリクと交際したことに今もショック?

ジョー・ジョナス

 ミュージシャンのジョー・ジョナス(Joe Jonas, 26)は、元恋人で人気モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid, 20)が別れてすぐに新恋人で英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)の元メンバー、ゼイン・マリク(Zayn Malik)との交際に踏み切ったことが今でも信じられないようだ。

 ジョーは昨年11月にジジと破局するまで5ヶ月間付き合っていた。ジジはわずか数週間後にゼインとの交際をスタートしている。

 ジョーはジジとの交際がうまくいかなかったことについて、今でも時々考えると認め、なぜ別れたばかりなのに他の誰かに身を任せることができるのか不思議でならないと告白した。

 「彼女がこれほど早く次に進んだことには色々と考えさせられたよ。とにかくすごく早かったからね」とジョーは英Daily Mirror紙で打ち明けた。

 兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズ(Jonus Brothers)の解散後に新バンド「DNCE」を結成したジョーを、ソロに転向してから「ピロートーク」などのヒット曲を飛ばしているゼインと比べる向きは多く、混同されることには笑うしかないとジョーは話している。

 「彼と比べられるのは笑い話だよ」とジョーは笑った。「彼とは何年も前から比較されてきたけど、本当におかしい。正直、彼の曲はほとんど聴いたことがないけど、歌がうまいのは確かだね」

 ジジとの交際に加え、ジョーはこれまで歌手のデミ・ロヴァート(Demi Lovato)やテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、女優のアシュリー・グリーン(Ashley Greene)らと浮名を流し、メディアの注目を集めた。しかし現在は恋愛にそれほど興味はなく、DNCEのデビューアルバムのため作曲に打ち込んでいる。

 「今はバンドと自分の音楽活動に集中しているんだ」とジョーは断言した。

 もしジョーがジジに恨みを感じているとすれば、ファンは近くその気持ちを新曲で知ることになるだろう。ジョーは最近、DNCEの新曲のテーマについて語っているが、破局で終わったジジとの交際に関するものになると多くのファンが思うかもしれないと打ち明けている。

 「今の時点で言うなら、(曲を聴けば)それが誰だか絶対に分かるよ」とジョーは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」とのインタビューで語った。「でも、あまりあからさまにしないで、うわべをとりつくろうことも必要なんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO
CHOCO

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team