GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.04.25(Mon)

アナ・デ・アルマス、『ブレードランナー』続編に出演決定!

アナ・デ・アルマス

 キューバ出身の女優アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)が、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編で主役の1人に抜擢された。

 日本でも6月に公開される『ノック・ノック』に出演しているアナは、豪華スターが競演する待望の続編に出演が決まった。レプリカントハンターのリック・デッカードはハリソン・フォード(Harrison Ford)が再演する。

 制作するアルコン・エンターテイメントは21日、キャスティングの最新ニュースを発表し、声明でアナを次のように絶賛した。「アナは現在、世界で最もエキサイティングで有望な国際的俳優の1人であり、この続編で重要な役を演じてもらうことに興奮しています」

 続編には他にもライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)、ロビン・ライト(Robin Wright)、デイヴ・バウティスタ(Dave Bautista)の出演も決まっている。

 アナは『Blade Runner 2(原題)』以外にも話題作が控えている。8月にはトッド・フィリップス(Todd Phillips)監督のアクションコメディ『War Dogs(原題)』と、エドガー・ラミレス(Edgar Ramirez)と競演するボクシングドラマ『Hands of Stone(原題)』が公開される。

 アルコンはアナのキャスティングを発表する前日に、『ブレードランナー』続編の公開日を3ヶ月前倒しにするとも明かした。現時点での公開日は2017年10月6日だ。

 日本でも公開中の『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督がメガホンをとり、オリジナル版の脚本を書いたハンプトン・ファンチャー(Hampton Fancher)と米ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られるマイケル・グリーン(Michael Green)と共同で脚本を手がけている。脚本はハンプトンが1982年のオリジナル版で監督を務めたリドリー・スコット(Ridley Scott)と一緒に考案したアイディアをベースにしており、スコット監督はエグゼクティブ・プロデューサーとして続編に参加する。

 スコット監督は先日、『Blade Runner 2 』のオープニングシーンの詳細についてMtimeのトッド・ギルクライスト(Todd Gilchrist)記者に明かしたことがある。

 「(1982年版)オリジナルのスタートをベースに映画を始めると決めている。ディストピア世界という設定は以前からとても気に入っていたし、『工場農場』と呼ぶ、農耕のための平らな大地で映画は始まる」とスコット監督は話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat
nanat

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team