GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.19(Tue)

79歳のウォーレン・ベイティ、『ディック・トレイシー』続編を真剣に検討中!

ウォーレン・ベイティ

 俳優のウォーレン・ベイティ(Warren Beatty, 79)が、アクション映画『ディック・トレイシー』の続編を「真剣に」検討している。

 ベイティは1930年代に流行した同名コミックを原作とした1990年の同作でプロデューサーと監督、主演を務めた。何年も前から続編のアイディアを温めていたが、ストーリーの権利をめぐって法廷バトルに巻き込まれていた。しかし2011年に権利を勝ち取り、続編を実現するために適切なアイディアを練っているという。

 「真剣に考えているところだが、こういうことに関しては動きが鈍いんだ」とベイティは13日、ラスベガスで行われたイベント「シネマコン」で明かした。ベイティは同イベントで、ニュー・リージェンシー・フィルムズ社のオーナー、アーノン・ミルチャン(Arnon Milchan)にレジェンズ・オブ・シネマ賞を授与するプレゼンターを務めた。

 イスラエル出身の映画プロデューサーのミルチャンも、続編の企画が進行中で、2年以内に実現する可能性があると認めた。ベイティは企画に「とても真剣」に取り組んでいて、続編は実現性が高いとも話している。

 しかしベイティは現在、大富豪で実業家のハワード・ヒューズ(Howard Hughes)に関する作品の制作に取り組んでおり、同作では監督と脚本、さらに主演を務めている。ベイティは1970年代にヒューズと実際に会って以来、伝記映画の企画を考えてきた。何年もの時間がすぎたが、ようやく2014年に撮影にこぎつけ、アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)、自身の妻アネット・ベニング(Annette Bening)、リリー・コリンズ(Lily Collins)、マシュー・ブロデリック(Matthew Broderick)らが出演するアンサンブルキャストで話題となった。

 「夫が監督した映画には出たことがなかったけど、とても楽しかったし、夫に演出されるのも楽しかった。すばらしい監督としても知られているし、実際にそうなの。即興でいろいろできたのが一番楽しかった。夫は本当に最高よ」とベニングは2014年、米トーク番組「The View」で語っている。

 ロマンスを描いた同作はスタジオをたらい回しにされたが、20世紀フォックスが引き取り、今年の秋に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial