GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.04.13(Wed)

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』スピンオフでフェリシティ・ジョーンズが母親役という噂を否定!

デイジー・リドリー

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ役でブレイクした女優のデイジー・リドリー(Daisy Ridley, 24)が、ファンの間で広まっている、スピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でフェリシティ・ジョーンズ(Felicity Jones)がレイの母親を演じるという噂を否定した。

 デイジーは『フォースの覚醒』で世界的な人気女優となった。ファンの間では同作が昨年12月に公開される前から、レイの親に関する憶測で議論が起きていたが、映画の中ではその答えは明らかにされなかった。

 ファンらはレイが強力な家系出身だと今も確信しているが、先週『ローグ・ワン』の予告編が公開されると、フェリシティ扮する反乱軍の兵士ジンがレイの母親だという仮説に飛びついた。

 しかしデイジーはこうした噂を否定し、レイとジンはどちらもイギリス英語で話し、髪も似ているからファンが結びつけただけだと力説した。

 「変なことを言うわけじゃないけど、彼女が白人で茶髪という理由だけで、私の母親だとは限らないわ」とデイジーはMTV主催の映画授賞式「2016 MTV Movie Awards」のバックステージで語った。

 デイジーはレイがジェダイであるかどうかも分からないと主張しているが、レイの両親が誰なのかは知っているという。しかしその正体は、ファンが期待するような驚きの事実になるとは考えていない。

 「(『フォースの覚醒』で)すごいのは、フィンとレイが居場所を持たず、自分で見つけていくところだわ」とデイジーは続けた。「だから、私がそれほど大事だと思っていないことを、みんながすごく大事だと思っているのは変な感じがするの」

 デイジーは9日に開催されたMTV Movie Awardsでブレイクスルー演技賞を受賞。その翌日に誕生日を迎えた。

 『フォースの覚醒』はデイジーのブレイクスルー演技賞に加え、最優秀作品賞とアダム・ドライバー(Adam Driver)の最優秀悪役賞の3部門を制覇し、ポップコーン型のトロフィーを贈られた。

 ルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミル(Mark Hamill)は、Twitterでデイジーに誕生日のお祝いメッセージを送った。デイジーにおんぶされた画像を公開し、こう書き添えている。「遠い昔(先週だったかな)、はるか(パインウッド・スタジオの)彼方で…こんなことがあった! ハッピー・バースデー、デイジー!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team