GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.11(Mon)

フィフス・ハーモニー、ドナルド・トランプが米大統領になったらアメリカを去ると宣言!

フィフス・ハーモニー

 米5人組ガールズバンド、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)のカミラ・カベロ(Camila Cabellohave)は、米大統領選挙の有力候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が「世界にとって危険」な人物だと考えている。

 11月に行われる米大統領選で共和党の指名獲得を目指すトランプ氏は、すでに選挙戦で予想を覆す成功を収めているが、アメリカとメキシコの国境に壁を作るといった移民対策で物議をかもしている。

 メキシコ人の父のもと、キューバで生まれたカミラは、大富豪から政治家に転身したトランプ氏に対して厳しい見方を持ち、フィフス・ハーモニーのメンバー全員が投票しないことで一致していると力を込めた。

 「私たちは全員、ドナルド・トランプに投票しないことで一致しているの」とカミラは英The Sun紙に語っている。「彼をよく調べてみれば、何か意味のある政策は1つもないことが分かるわ。性差別的、人種差別的、そして無知なことをたくさん言ってきた。この国にとって危険人物だわ」

 「世界が見ている前で、米国民の前で語る様子は、私たちの国を危険にさらしている。アメリカにとって危険というだけじゃなく、世界にとっても危険だわ。あんな人がこの国を代表するなんてゾッとする」

 さらにカミラは、トランプ氏が「心から憎しみを持って語りかけて」いるとも指摘。メンバーのローレン・ハウレギ(Lauren Jauregui)も同意している。

 「本当に正直に言うと、もしトランプが大統領になったら、もうアメリカ人でいるかどうかも分からないわ」とローレンは続けた。

  フィフス・ハーモニーは現在、年内にリリースされるセカンドアルバム『7/27』からのファーストシングル「ワーク・フロム・ホーム」のPRでイギリスを訪れている。The Sunとのインタビューでは、ダイナ・ジェーン(Dinah Jane)とアリー・ブルック(Ally Brooke)が最近ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)のコンサートに行ったものの、ジャスティンが「精神的・感情的疲労」を理由にVIPエリアでの交流をキャンセルしたことにがっかりしたと打ち明けた。

 「このあいだ、彼のコンサートに行って、交流できるのを楽しみにしていたの。どうしてなのかは分からないわ」とアリーは話している。

 しかし_ダイナはこうつけ加えた。「ファンはそういう場に行けると、彼がスーパーヒーローで完ぺきな人だと期待するものだわ。JBはすごくクール。彼ほど成功すると、ストレスも相当なものだと思う」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki