GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.06(Wed)

デイヴ・バウティスタ、『ブレードランナー』続編に出演決定!

デイヴ・バウティスタ

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などで俳優としても活躍するデイヴ・バウティスタ(Dave Bautista, 47)が、SF映画の金字塔『ブレードランナー』続編に出演が決まった。

 元プロレスラーのデイヴは、レプリカントハンターのリック・デッカードを再演するハリソン・フォード(Harrison Ford)が主演の待望の続編でライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)、ロビン・ライト(Robin Wright)らと共演する。デイヴは2日、Instagramで出演をほのめかしてファンの期待を高めていたが、4日に動画で出演決定を正式に発表した。

 「やあみんな。デイヴ・バウティスタだ。予想していたとおり、『ブレードランナー』の続編『Blade Runner 2(原題)』のキャストに加わることになり、とても光栄で、特別で、誇らしい気持ちだ…」とデイヴは嬉しい気持ちを吐露している。「この作品にとても興奮しているし、自分からこのニュースを発表できることに深く感謝している。こんなに光栄なことはない。また夢が1つ叶った。みんなが聞いたということは、正式に決まったということだ!」

 この動画に添えられたキャプションには、「このニュースを発表できてとても興奮しているよ! 僕がやってきたことすべてをサポートしてくれてありがとう。身の引き締まる思いだ」と書かれている。

 日本でも4月に公開される『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督が同作のメガホンをとり、オリジナル版の脚本を書いたハンプトン・ファンチャー(Hampton Fancher)と米ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られるマイケル・グリーン(Michael Green)と共同で脚本を手がけている。脚本はハンプトンが1982年のオリジナル版で監督を務めたリドリー・スコット(Ridley Scott)と一緒に考案したアイディアをベースにしており、スコット監督はエグゼクティブ・プロデューサーとして続編に参加する。

 オリジナル版は米SF作家フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)の小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作としている。撮影は7月からスタートし、2018年の公開が予定されている。

 デイヴはここ数年で役者としてのキャリアを順調に築いており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とその続編ではドラックス・ザ・デストロイヤーを演じ、ジェームズ・ボンドシリーズ最新作『007 スペクター』ではMr.ヒンクスに扮している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial