GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.04.02(Sat)

ロビン・ライト、『ブレードランナー』続編に出演交渉中!

ロビン・ライト

 女優のロビン・ライト(Robin Wright)が、SF映画の金字塔『ブレードランナー』続編に出演し、ハリソン・フォード(Harrison Ford)とライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)と共演する交渉の最終段階に入ったと報じられた。

 ロビンは数週間前から『ブレードランナー』続編への出演が取りざたされており、米Netflixによる政治ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード」の撮影スケジュール次第で契約にサインすると伝えられていた。

 ここへ来て、ロビンはスケジュールの調整をつけ、同SF映画の3人の主演女優のうち1人を演じる可能性が浮上したと米Hollywood Reporter誌が報じている。

 日本でも4月に公開される『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督が同作のメガホンをとり、オリジナル版の脚本を書いたハンプトン・ファンチャー(Hampton Fancher)と米ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られるマイケル・グリーン(Michael Green)と共同で脚本を手がける。脚本はハンプトンが1982年のオリジナル版で監督を務めたリドリー・スコット(Ridley Scott)と一緒に考案したアイディアをベースにしているという。

 ハリソンは7月から撮影がスタートする_待望の続編でレプリカントハンターのリック・デッカードを再演する。

 「ハウス・オブ・カード」で批評家から絶賛され、商業的成功も収めたロビンはますますキャリアが花開いている。現在はガル・ガドット(Gal Gadot)と共演するDCコミック「ワンダーウーマン」の実写版の撮影にのぞんでいる。ガルは現在公開中の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でもワンダーウーマンに扮している。ロビンが『Wonder Woman(原題)』で演じるのは、ダイアナ・プリンスとしても知られるワンダーウーマンを幼い頃に養育した3人のアマゾン族の1人、アンティオーペだ。

 『グラディエーター』などで知られるコニー・ニールセン(Connie Nielsen)がダイアナの母ヒッポリタ役で出演するほか、ノルウェー出身のリーサ・ローヴェン・コングスリ(Lisa Loven Kongsli)がおばでアンティオーペの副官を務めるメナリッペに扮する。

 パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)監督による『Wonder Woman』は2017年6月の公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat