GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.30(Wed)

ブラック・チャイナ、「お騒がせセレブライフ」カメオ出演に100万ドルを要求!?

ブラック・チャイナ&ロブ・カーダシアン

 モデルのブラック・チャイナ(Blac Chyna, 27)が、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に出演する見返りに100万ドル(約1億1,360万円)を要求するつもりだという。

 ブラックは1月、ロブ・カーダシアン(Rob Kardashian)との交際をスタートして注目を浴びた。ブラックは元恋人でラッパーのタイガ(Tyga)との間に3歳の息子をもうけているが、タイガは現在、ロブの異父妹カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)と付き合っている。

 ブラックとの交際でロブは家族の何人かと不仲になり、かつて居候していた姉クロエ(Khloe)の家から追い出されている。

 今のところ、家族はまた仲直りしているように見えるが、ブラックはまだロブの有名な家族と一緒にいる姿を目撃されたことがない。しかし彼女は「お騒がせセレブライフ」の責任者と会い、E!で放送中の同リアリティ番組にカメオ出演する可能性を狙っているという。しかしブラックの出演が高くつくのは間違いないとみられており、100万ドルの出演料を求めるつもりだと言われている。

 「チャイナが言うには、『お騒がせセレブライフ』の責任者と会って番組に脇役で出演する交渉をしたいらしい」とある事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に語っている。「チャイナは自分とロブの姉妹たちの関係を見せる映像に価値があると思っているが、その価値を過大評価しているかもしれない」

 さらにブラックは、できれば自分とロブだけの独自のリアリティ番組も作りたいと思っており、非独占契約でのカメオ出演を求めているとみられている。

 ロブの母クリス・ジェンナー(Kris Jenner)は先日、豪ラジオ番組「Kyle and Jackie O Show」でのインタビューでロブとブラックの交際について質問されると、ブラックに対しては一切のわだかまりはないと断言した。それを判断するほど彼女を知る機会がなかったからだと説明している。

 「とても良い子みたいだけど、まだほとんど会ったことがないの」とクリスは語った。「2人の関係はあまりよく知らないわ。それほど会っていないし、他の人も同じくらい彼女のことを知らないの」

 一方、ロブとブラックの関係が良いリアリティ番組のネタになると考えているのは、ブラックの友人でモデルのアンバー・ローズ(Amber Rose)だ。

 「2人が一緒だと本当に面白い。超がつくほどおバカなコンビよ」とアンバーは米Us Weekly誌で語っている。「ソーシャルメディアのためだけじゃなく、文字通り1日じゅう大笑いしてばかりいるわ。本当におバカで、お互いに愛し合って、最高の組み合わせなの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial