GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.03.23(Wed)

ハリー・スタイルズに続き、アデルもプライベート写真がハッキングで流出!

アデル

 英人気歌手のアデル(Adele, 27)がハッキング被害に遭い、妊娠中の赤ちゃんのエコー写真を含む個人的な写真がネット上に流出した。ボーイフレンドのサイモン・コネッキ(Simon Konecki)のメールがハッキングされた後に起きたとされ、彼女は激怒しているという。

 アデルが妊娠5ヶ月目に撮影した超音波写真や、妊娠中の自撮り画像、生まれたばかりの長男アンジェロ(Angelo, 3)君が毛布にくるまれている愛らしい写真などをファンの1人がFacebookで公開し、流出が発覚したと英The Sun紙は伝えている。

 また、アデルの子ども時代の写真も盗まれたとみられており、うち1枚には滑り台の下で舌を突き出している幼いアデルが写っている。さらにシャンパンのボトルとタバコを持ち、ベッドに横たわっている最近の写真も含まれていたという。

 アデルはアンジェロ君をはじめ家族を全力で守ることを信条としているだけに、プライベートな写真の流出に一層の怒りを感じているようだ。

 The Sunは18日、私的なファングループが運営するFacebookのアカウントに写真が掲載されたのを受け、アデルのマネージメント側にハッキング事件を伝えた。しかし、ファンの1人はプライバシーの侵害に怒りを感じるあまり、自らアデルのマネージメント側に連絡したという。

 「あの写真を見た時、アデルのことを思ってゾッとしたし、憤慨した」とこの男性ファンは同紙に語っている。「とてもプライベートなものだし、広く出回るべきものじゃない。彼女のファンを名乗る人たちが写真をやりとりしているなんて、あまりにもひどいことだし、止めるべきだと思った」

 「あの写真はプライバシー性の高いものだし、エコー写真や妊娠中のものは特にそうだ。もしアデルがその写真を公開したいと思うなら、自分でそうしたはずだ。こんなに親密な写真を公開するかどうかは彼女が決めるべきだ」

 リークされた写真はその後、Facebookから削除されている。

 アデルがハッキング被害に遭ったことが報じられたほんの数時間前には、英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)と米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られ、モデルとしても活躍するケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)がサン・バルテルミー島で2人きりの休暇をすごした際の写真もTwitter上にリークされたことが分かった。ハリーの母のiCloudアカウントがハッキング被害に遭ったことが発端だったという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team