GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.23(Wed)

問題行動を連発して治療を受けたアマンダ・バインズ、新しい恋に前向き?

アマンダ・バインズ

 元人気子役のアマンダ・バインズ(Amanda Bynes, 29)が、近いうちに恋愛市場に復帰することを望んでいるらしい。

 アマンダはここ数年、精神病棟に強制収容させられたり、酒やドラッグの影響下で運転して逮捕されたりと、数々の問題行動を連発してメディアをにぎわせてきた。現在も母リン(Lynn)が成年後見人に指定されているが、回復は「順調」で、アマンダには新しい恋人と出会いたい気持ちが高まっているようだ。

 しかし恋愛の世界に急いで戻るつもりはなく、リアリティ番組のスター、ダグ・ラインハルト(Doug Reinhardt)やラッパーのキッド・カディ(Kid Cudi)との交際がひどい結末を迎えただけに、今度は慎重になっているという。

 「アマンダにとってはまだまだ第1歩にすぎないわ。これまでにひどい失恋を経験してきたから、デートすることにひどく弱気になっているの」とある事情通は米版OK!誌に語っている。「でも、やっと自分の状態と友人関係に安心できるようになっているわ」

 またアマンダは友人らに対し、恋人を見つけることが回復プロセスの最終ステージの始まりになるとも語っているという。

 「波乱が一切ないままでデートシーンに復帰することが、精神状態の回復に向かう道のりの大きな転換点になるのは間違いないわ」と事情通はつけ加えた。

 アマンダが将来を明るく見つめる一方で、親しい友人や家族らは恋愛がアマンダにむしろ悪影響を与えるのではないかと心配しているようだ。

 「アマンダの問題は常に、落ち着いた状況にある時や期待する気持ちを抑えようとする時に起こってきた。中途半端を許せない性格だからこそ、こんな問題に巻き込まれてきたの」と事情通は続けた。

 かつてTwitterのヘビーユーザーだったアマンダがSNSにメッセージを投稿することはまれになっている。現在はファッション・インスティテュート・オブ・デザイン・アンド・マーチャンダイズのロサンゼルス校で学業に集中しているとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial