GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.19(Sat)

「1D」のハリー・スタイルズ、フィフス・ハーモニーに「解散しないで」とアドバイス!

フィフス・ハーモニー

 米5人組ガールズバンド、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)に解散を避けるようアドバイスしたのは、現在活動休止中の英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)だった。

 フィフス・ハーモニーはワン・ダイレクションと同じく、音楽オーディション番組「Xファクター」にメンバーが出場したことがきっかけで結成され、一気に人気グループとして頭角を現した。5月にニューアルバム『7/27』のリリースを控える彼女たちは、ハリーのようなビッグネームのファンからキャリアについて確かなアドバイスを受けたと明かした。

 「リハーサル中に彼がやってきて、みんなにこう言ったの。『君たち5人は同じ考えを持って、お互いに一番の親友でいるようにすべきだよ。周囲には引き抜こうとしたり、君たちの仲を引き裂こうとしたりする人たちがいるからね』って」とダイナ・ジェーン(Dinah Jane)は米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」で語った。「『君たち5人が親友であり続けることが最も大事なんだ』とも言っていたわ」

 皮肉なことに、ハリーらワン・ダイレクションのメンバー4人は昨年末から活動休止に入り、現在はそれぞれがソロ活動を展開。しかしソロで成功すれば、一時的な活動休止が永遠に続くのではという憶測も根強い。約1年前にはオリジナルメンバーだったゼイン・マリク(Zayn Malik)が脱退し、ソロアーティストとして人気を集めている。

 ワン・ダイレクションのように、フィフス・ハーモニーも熱愛報道でタブロイドメディアの格好のターゲットとなっているが、ダイナはどんな時でも仕事に集中できていると力説した。

 「いろいろ言われているけれど、_私たちがいつも集中していることはフィフス・ハーモニーなの」と彼女は力を込めた。「フィフス・ハーモニーは私たちにとっての初恋だと言えるわ。すべての基礎がこのグループよ」

 ハリーにアドバイスされたとはいえ、フィフス・ハーモニーは現時点ではサードアルバムをファンに届けるという約束はできないという。

 「未来を予言することはできないけど、まず確実に実行できるはずよ」とノーマニ・コーディ(Normani Kordei)は説明している。

 しかし皮肉にも、ノーマニはBombshell誌とのインタビューで、フィフス・ハーモニーの中で最初にソロ活動をするのは自分かもしれないとほのめかしている。

 「みんなでグループを結成する前は、それぞれがソロアーティストになる意志を持っていたの。少なくとも今は運命によって違う考えを持っているわ」と彼女は語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.04.22(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial