GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.17(Thu)

ハリソン・フォード、『インディ・ジョーンズ』新作に出演決定!

ハリソン・フォード

 米俳優のハリソン・フォード(Harrison Ford, 73)がライトセーバーをムチに持ち替え、再びインディ・ジョーンズを演じることが決まった。

 フォードは2008年に公開され、シャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)と共演した前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』に続くシリーズ第5作で再びスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督とタッグを組む。これまでのシリーズ各作品でもスピルバーグがメガホンをとり、フォードが主役を演じた。

 「インディアナ・ジョーンズは映画の歴史で最高のヒーローの1人であり、彼を2019年に再びスクリーンで復活させる日が待ちきれない」とウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン(Alan Horn)会長が15日に発表した。「監督、プロデューサー、俳優、そしてキャラクターがこれほど完ぺきなまでにそろうことはまれで、ハリソンとスティーヴンと共にこの冒険に旅立つことに最高の興奮を感じている」

 『Indiana Jones 5(原題)』は2019年7月の公開が予定されている。

 年齢を重ねているにもかかわらず、フォードは数ヶ月前、ムチを振るう架空の考古学者ヘンリー・「インディアナ」・ジョーンズ博士を再演することに興味を示していた。

 「ぜひもう1度インディアナ・ジョーンズをやりたいね」とフォードは米Entertainment Weekly誌に語った。「歴史と可能性をあわせもったキャラクターが、所せましと暴れまくる活劇を観客に見せ、スティーヴン・スピルバーグがメガホンをとる。どこに気に入らないところがあるんだ?」

 フォードは1981年の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で初めてインディ・ジョーンズを演じた。

 フォードはジョージ・ルーカス(George Lucas)が手がけるもう1つのロングランシリーズ、『スター・ウォーズ』にも出演し、ハン・ソロ船長を演じている。昨年12月に公開された同シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出演したが、ソロは悲劇的な死を迎えた。

 同作は20億5,000万ドル(約2,300億円)の世界興収を叩き出し、ジェームズ・キャメロン(James Cameron)監督の『アバター』、『タイタニック』に続き史上3位の興行記録を打ち立てた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial