GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.03.13(Sun)

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻、月240万円の家賃でロンドン滞在中!

アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

 俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)とアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)夫妻が毎月1万4,700ポンドの家賃を払い、ロンドン市内の邸宅で暮らしている。

 夫妻はブラッドがヒット作『ワールド・ウォー Z』の続編を撮影する間、今後少なくとも6ヶ月間は6人の子どもたちも一緒にロンドンで暮らすとみられている。

 米Us Weekly誌によると、ブラッドとアンジーはサリー州のテムズ川沿いに立つ、「美しいホワイトハウス様式の家」を借りているという。8つのベッドルームに屋内プール、ジムも完備しているようだ。また、親友で俳優のジョージ・クルーニー(George Clooney)と妻アマル(Amal)が所有する別荘からわずか40分しか離れておらず、地理的にも便利な場所にある。

 家族8人は2月末にこの家に引っ越し、すでに近所の散策に夢中のようだ。情報筋の話によると、ブラッドは先週末、双子のノックス(Knox, 7)君とヴィヴィアン(Vivienne, 7)ちゃんを陶芸工房に連れていき、アンジーは他の子どもたちとロンドンの高級おもちゃ店「ハムリーズ」にいるところを目撃された。

 「子どもたちに新しいプレイルームで遊べるプレゼントを買っていたよ!」とある目撃者は同誌に語っている。

 ピット=ジョリー家はアメリカと南フランスに所有する豪邸を行き来する生活を続けているため、ノマド的なライフスタイルに慣れている。

 一家は最近、アンジーの監督最新作『First They Killed My Father(原題)』を撮影したカンボジアで長期間滞在した。同作は1970年代のカンボジアで起きたクメール・ルージュによる虐殺をテーマとしている。

 アンジーはブラッドと自分が忙しくても、子どもたちが移動を繰り返す生活で不満を感じていないか確かめていると認めた。

 「子どもたちには、こんな生活はイヤだと思ってほしくないの」とアンジーは昨年11月、英The Guardian紙とのインタビューで語っている。「帰ってきたばかりなのに出発するのはイヤだとか、また海外での撮影に同行するのはムリだとか思ってほしくない。だから私たちは子どもたちの気分を推し量って、調整しているわ」

 ブラッドとアンジーは他にもマドックス(Maddox, 14)君、パックス(Pax, 12)君、ザハラ(Zahara, 11)ちゃん、シャイロ(Shiloh, 9)ちゃんも育てている。

 活動家としても知られ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使も務めるアンジーは、ロンドン滞在中の時間を政治活動に使うつもりでいるとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team