GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.03.13(Sun)

注目モデルのシャイアン・クーベン、中古服やビンテージものが大好き!

シャイアン・クーベン

オランダ出身のモデル、シャイアン・クーベン(Cheyenne Keuben)は、いまや「サンローラン」(Saint Laurent)のファッションショーに出演するモデルの常連になっており、同ブランドのクリエイティブディレクターであるデザイナーのエディ・スリマン(Hedi Slimane)は、シャイアンをウィメンズウェアとメンズウェア双方のコレクションでランウェイを歩かせる寵愛ぶりを見せている。

先頃のパリファッションウィークでの「サンローラン」のショーでは、黒と白のストライプのドレスの上に、ふわふわと毛羽立った大きい青のコートなどのピースを身に纏ってキャットウォークに登場して、目を奪っていたシャイアン。がぜん注目度が高まって、仕事で世界中を飛び回る毎日だが、そのおかげで自身のファッションへの興味をいよいよ磨く機会に恵まれていることを喜んでいるようだ。

「わたしは、若い時にはいつもムードボードを描いているような、スタイリスト志望の子だったのよ」と、米Vogue誌に語ったシャイアン。「アムステルダムのモデルエージェンシーにメールを送ったのも、モデルになればファッション業界のいろいろなことが分かるかもしれないという思いがあったから」

「ロサンゼルスのホテル“Palladium”で行った時の「サンローラン」のショーは素晴らしかったわ!わたしは、中古服店やビンテージショップに目がないの。新しいインスピレーションを貰って、自分の着る服をハチャメチャにして見るのが大好き!」

ほとんどの時間を仕事に取られるシャイアンではあるが、自分のための時間を作るのも忘れない。

「趣味がたくさんあるから、退屈するなんてことは決してないわ」と、微笑んだシャイアン。

「写真を撮ることが好きだから、そこら辺を歩き回って、カメラに捉えたい特別なものを探すの。雑誌のための写真撮影を、いつか出来たなら最高だわ。あとは、わたしは特に歌うことのが好きなの。いつも歌詞や詩を書きつづっている。情熱を一番注いでいるのは、それだわ」

「サンローラン」の他にも、「マルベリー」(Mulberry)、「ジャストカヴァリ」(Just Cavalli)、「マーク ジェイコブス」(Marc Jacobs)などの有力ブランドに既に起用されてモデルとしての将来がきわめて有望なシャイアンだが、本人としては将来のことにあまり思いを馳せることはないという。

「先のことはまったく見当がつかないわ。モデルでいると、そういうことは自分では分からないものかもしれないわね。楽しい撮影シュートが出来て、創造的なひとびとと一緒に仕事が出来て、自分で歌を書いて歌っていければいいと思う。その他のことについては、その時になってのお楽しみでいいわ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team