GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.11(Fri)

契約訴訟で敗訴したKE$HAのファン、ソニー・ミュージック前で新たなデモを計画中!

KE$HA

 人気歌手のKE$HA(ケシャ)がソニー・ミュージックとの契約解除を求めて起こした訴訟で敗れたことを受け、ニューヨークのソニー本社前でファンが11日に新たな抗議デモを計画している。

 今回は100人以上が参加して計41万1,000人分の署名が入った4通の嘆願書を手渡し、「Tik Tok」などのヒット曲で知られるKE$HAが希望通りレーベルを去ることができるように求める。

 KE$HAは現在、ソニーと音楽プロデューサーのドクター・ルーク(Dr. Luke)との契約解除を求めている。彼女はドクター・ルークに何年も性的・精神的虐待を受けたとして訴えている。

 ドクター・ルークは虐待を否定しているが、ソニーとドクター・ルークのレーベル、「キモサベ・レコーズ」との契約解除を求めたKE$HAの訴訟は先月、ニューヨークの裁判所で棄却された。

 しかし彼女のファンは希望を捨てず、再びマンハッタンに集まることを決めた。エンターテイメント情報サイト「The Wrap」によると、4通の嘆願書は「Care2」、「SumOfUs」、さらにファンに対し別々の署名文書を送った「UltraViolet」という支援団体から寄せられたという。デモ参加者らはプロジェクターを使い、金曜日の夕方、ソニーのビルの壁に「#FreeKesha」(#KE$HAを自由に)というSNSのハッシュタグを投影する計画もしているようだ。

 「KE$HAの音楽なしには、どう生きていいのか分からない」とCare2でデモを組織し、KE$HAが敗訴した1週間後にもあった同様の抗議デモにも参加していたマイケル・エイシール(Michael Eisele)は語った。「彼女は常に、僕たちのような人たちのために闘ってきた。今度は僕たちが彼女のために闘う」

 ソニーの代理人を務めるスコット・A・エデルマン(Scott A. Edelman)弁護士は先日、ソニー側はドクター・ルークとKE$HAの間で10年前に交わされた契約を「打ち切る立場にはない」ことを理由にKE$HAの望みを叶えることはできないという従来の立場を繰り返した。

 「この状況下において、ソニーはアーティストをサポートすることに全力を尽くしているが、当事者ではないため、法的に契約を終了させることはできない」と同弁護士は米The New York Times紙に語っている。

 一方、KE$HAのもとにはケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)やリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)、ロード(Lorde)、アデル(Adele)、レディー・ガガ(Lady Gaga)ら大勢のセレブから支援が寄せられ、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)は「苦しい状況に置かれた彼女の経済的ニーズ」を支援するため25万ドル(約2,840万円)を寄付している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial