GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.11(Fri)

ステラ・マッカートニー、動物を一切傷つけないファッションに迷いなし!

ステラ・マッカートニー

英ファッションデザイナーのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)の父親は、言わずと知れたポピュラー音楽界の巨人、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)。

ステラ本人は、グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow) やミランダ・カー(Miranda Kerr)などのセレブをファンに持つ人気デザイナーだが、特に「クルエルティフリー」(cruelty-free=商品生産や広告活動で一切動物を傷つけない)を全面的な信念としており、自分がポールの娘であることよりも、そのことが今や彼女を語る上において一番重要なことだと自他ともに認めている。

「これまでわたしはいろいろな表現で他人に呼ばれて来た。子供の時はポール・マッカートニーの娘、でも今はこちら(クルエルティフリーの)デザイナーという呼ばれ方のほうを好むわ」と、エンタメ・ファッション誌Paperに対してステラは語っている。

「最初は、何であれレッテル貼りされるのはイヤだったけれど、いまはむしろどんどん誇りに思うようになってきた。残念なことだけれど、クルエルティフリーの高級ファッションデザイナーと言えるのはわたしだけだもの。ファッションジャーナリストたちが、持続可能性やクルエルティフリーについて書くきっかけをわたしが作っているのなら嬉しいことだわ」と、動物の皮革や毛皮を一切使わずとも、“女性が着たいと思う美しい”デザインを自分が作り上げていることにステラは強い誇りを示した。

エコなハイファッションを作るという点では他に強力なライバルがいないステラだが、自分の信念に共感して彼女と一緒に働いてくれている自分のチームスタッフのために、さらに成功したいと考えているという。

「わたしと一緒に働いてくれるひとたちは、わたしの家族のようなものだから、もちろん彼らの生計のことも考えているしね」と、ステラ。

「それに、みなと一緒に働いて一緒に成功したいと思っているもの。わたしたちがこうして一緒に集まってきたのは、ある共通の正しい理由があるからで、そのメッセージをもっと広く伝えたい。『ハンドバッグでは絶対無理だから、事業計画を考え直したほうがいいのでは?』と業界の多くのひとから言われまくっているけれど、彼らの言っていることが間違っていると必ず証明するつもりよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial