GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.08(Tue)

キャンディス・スワンポール、パリFWではいつもよりお肌の保湿に気づかう!

キャンディス・スワンポール

南アフリカ共和国出身の人気ファッションモデル、キャンディス・スワンポール(Candice Swanepoel、27)は、開催中のパリファッションウィークで3月06日には「ジバンシィ」(Givenchy)の秋ものコレクションのショーにモデルとして登場。普段はロサンゼルス住まいで、カリフォルニアで過ごす時間が多いキャンディスとあって、この季節におけるフランスの首都パリのより厳しい気候がお肌に及ぼす影響には気を使ったようだ。

「パリの方が乾燥しているので、ここではモイスチャライザーをいつもより多く使うのよ」、と、キャンディスは「ジバンシィ」のショーの舞台裏でVogue.comに対して語った。

スリムな体型を誇るキャンディスだが、そのために液体ダイエットを行うことにはあまり気が乗らないという。

「ジュースとかは好きじゃないの。"酸性"が強すぎるからね。バランスの良いダイエットを心掛けることだけにしている。朝食をたくさん食べるのが一番ためになるわね!」とキャンディスは微笑んだ。心身のシェイプアップについては、ヨガに「いまとてもはまっている」そうだ。

数多くの有力ブランドのキャットウォークを歩くキャンディスだが、「ジバンシィ」のクリエイティブ・ディレクターは彼女の友人でもあるデザイナーのリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)でもあり、同ブランドのショーにはキャンディスは格別な思いがあるようだ。

「いつもとても楽しいショーになるし、とてもドラマチック。普段わたしがするモデル仕事とだいぶいろいろ違っているの」と、キャンディス。

また、キャンディスと「ジバンシィ」と言えば、昨年9月のニューヨークFWでのショーで、とても高いスパイクヒールを履いてキャットウォークに登場した際にキャンディスが見事に転倒した記憶も新しい。この時、キャンディスはユーモアをこめて、「Fall from grace!」("神様の恩寵からの失墜”)とキャプションを付して、自身のインスタグラムにその転倒シーンの写真をアップしていた。

そんなこともあり、今季のパリFWでは転倒しないよう「昨年のことは考えないようにして」無事ショーを終えたキャンディス。

「幸いなことに、ランウェイも靴も、今回はもっとわたしに対して好意的だったみたい!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial