GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.03(Thu)

ジェニファー・ロペス、元フィアンセのベン・アフレックのタトゥーを「ひどい」と酷評!

ジェニファー・ロペス

 歌手で女優のジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez, 46)が、元フィアンセで俳優のベン・アフレック(Ben Affleck)が背中に彫った大きなタトゥーを酷評している。

 ジェニファーとベンは2002年から2004年まで交際し婚約。しかし結婚の直前に「過剰なメディアの注目」を理由に婚約を解消し、ファンを驚かせた。

 ベンとはもう付き合っていないものの、ジェニファーは今でも元フィアンセに強い意見を持っており、特にベンが背中に彫ったカラフルなタトゥーについては不満のようだ。

 先月29日に米TV番組「Watch What Happens Live!」に出演したジェニファーは、ベンのタトゥーについて質問されると、「ひどいとしか言いようがないわ! 何を考えているのかしら?」と答えた。「彼のタトゥーはいつもカラフルすぎよ。あんなに色をたくさん使わないほうがいい。その方がずっとクールなのに」

 3児の父でもあるベンは不死鳥のタトゥーに加え、お尻にイルカ、右上腕に有刺鉄線、右腕に奇妙なデザインの魚とドクロ、交差した骨、さらに肩甲骨に複数のイニシャルのタトゥーを入れている。

 ベンのタトゥーを批判しているのはジェニファーだけではない。

 昨年6月に結婚から10年で離婚を表明した別居中の妻で女優のジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)も米Vanity Fair誌とのインタビューで破綻した結婚について赤裸々に語っている。

 「私の故郷(南部)だと、こんな時どう言うか分かる? 『彼のハートに祝福を』(バカの婉曲表現)よ」とジェニファーは語った。

 しかしジェニファーは、不死鳥のタトゥーが2人のかつての関係を意味しているのでないことを願っている。

 「灰の中からよみがえる不死鳥。この場合、私は灰なの? ムッとするわ。灰なんてお断りよ」

 それでもジェニファーとベンは今でも友好的な関係を保っているようだ。28日のアカデミー賞(R)授賞式のアフターパーティーにはそろって出席していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.13(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP10(第6位~第10位)発表!
高山 都
高山 都