GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.02(Wed)

オスカー女優のブリー・ラーソン、オーディションで苦労した過去を語る!

ブリー・ラーソン

女優のブリー・ラーソン(Brie Larson, 26)が過去に受けたオーディションで、セクシーさを求められてゾッとしたというエピソードを明かした。

米現地時間2月28日に開催されたアカデミー賞(R)授賞式にて、映画『ルーム』の演技で主演女優賞に輝いたブリー。そんな歓喜に満ちた瞬間に、過去の失敗した思い出の数々がドッとよみがえってきたという。

オスカー受賞後のインタビューで、女優としてのキャリアで転機となった瞬間を聞かれた彼女は、オーディションで配役担当のディレクターに「色気に欠ける」と指摘されたことだと答えた。

「オーディションやキャスティングに参加すると(たいてい言われるのは)『あなたの演技は素晴らしいけれど、ミニスカートとハイヒールを履いてもう一度来てほしい…』って。私としてはいつもその時点で不合格だと感じるの。たぶん一度そういう格好をしてみたけれど、最悪な気分だったわ。ミニスカートを履いてもセクシーに感じないし、違和感しかなかったわ」。

『ルーム』の成功もあって、彼女は今後演じたい役柄について「私の良く知る女性…複雑な女性」と答え、さらなる大役のオファーを期待している。

オスカー授賞式の前に、ブリーは子役時代に受けたオーディションでも生真面目な性格ゆえ、嫌な経験をしたことがあると米Los Angeles Times紙に明かした。

バービー人形のテレビCM出演のオーディションでの出来事を思い出したブリーは「審査員が求めているのは、歌ったり踊ったりできて、かわいい声をした元気な子。だけど私はお芝居がしたかったの」と語った。

「名前と趣味を聞かれて、私が『演じることが好きです…』と答えたら審査員は『ああ、うん、オッケー、じゃあ次の子に行こうか』って」。

「面白いのが、今の私はまともに受け止めてられたくないの。真面目でいるのは、むしろばからしいことだって気付いから」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial
GLAM Editorial