GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.03.02(Wed)

ブリー・ラーソン、アカデミー賞授賞式で“ルネッサンス色”の青いドレスで魅せる!

ブリー・ラーソン

2月28日に行われたアカデミー賞授賞式で、映画『ルーム』での演技により主演女優賞に輝いた米女優のブリー・ラーソン(Brie Larson、26)。この夜のブリーは、「グッチ」(Gucci)の素晴らしいドレスを身にまとい、『ルーム』で演じたタフな母親の女性とは打って変わってグラマラスにして艶やかな姿を見せてくれていた。

このドレスは、「グッチ」のクリエイティブ・ディレクターであるデザイナーのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)にとってアカデミー賞授賞式用にはじめてデザインしたドレスで、アレッサンドロは特にドレスの色にこだわったという。

「ブリーは、ルネッサンス時代の聖母を描いた絵にあるような、ラピスラズリみたいな色のドレスをご所望だったんだ」と、アレッサンドロはファッション業界専門紙WWDに対して語っている。

「イブニングドレスには珍しい色なのだけれどね。ブリーのことは大好きだから、彼女が賞を受賞して本当によかった。彼女のようなアーティストのためにデザインさせてもらえて夢のようだよ」

ブリーのスタイリストであるクリスティナ・アーリッヒ(Cristina Ehrlich)も、英The Telegraph紙に対して、この日のブリーのスタイルのポイントが、ドレスの色とアレッサンドロが初めてアカデミー賞授賞式用にデザインすることにあったことを強調している。

「これまでのアカデミー賞で見られてきたファッションに対して、新鮮な何かをもたらしてくれるデザイナーさんにお願いすることが大事だとわたしたちは思ったのです」と、クリスティナ。

「アレッサンドロは、これまでアカデミー賞のドレスをデザインしたことがなく、「グッチ」のチーフデザイナーにも最近なったばかりで、新しい顔という意味ではブリーと同じ。ブリーは、まだ女優としの自分も、レッドカーペットでの自分のスタイルも見出しかけているところ、今回がブリーにとっては初めてのアカデミー賞授賞式ですからね」

スカート部分にはラッフル(ひだ飾り)を配したブリーのドレスは、真珠を散りばめたベルトをウェストに持ってくることでスタイルをピシッと決めていた。

「これも、このドレスに必要な要素だとみんなで納得したポイントだったのよ」と、クリスティナはつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial