GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.26(Fri)

カニエ・ウェスト、テイラー・スウィフトは「クールじゃなくなった」と反撃!

カニエ・ウェスト

 ラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)が23日夜、ナイトクラブで人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 26)を改めて批判し、2人の対立が新たなステージに突入している。

 カニエが先日、ニューヨーク・ファッションウィークの関連イベントで新曲「Famous」を初披露して以来、テイラーとの不和が再燃している。この曲にはテイラーとの肉体関係に関する歌詞があり、またテイラーが2009年に米MTV主催の音楽授賞式「MTV Video Music Awards」(MTV VMAs)で最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞したことに抗議するためカニエがステージに乱入したエピソードにも触れている。

 テイラーは先週、グラミー賞授賞式で年間最優秀アルバム賞を受賞した際、スピーチでカニエを事実上批判したが、カニエも負けじとやり返した。

 「『テイラー、この歌詞についてどう感じる?』と言ったんだ」とカニエはロサンゼルス市内のクラブ「1OAK」のステージで語り、歌詞の一部を引用した。「『テイラー、オレと君は今後セックスする仲になりそうな気分だ』と言った。すると彼女は『カニエ、その歌詞は悪くない』と答えた。でも彼女は授賞スピーチでまったく正反対のことを言った。もうクールじゃない」

 「クールになれる瞬間が2度もあったのに、台無しにしたんだ!」

 テイラーの広報担当者は先日、カニエがこの挑発的な歌詞についてテイラーに事前許可を求めたという主張を否定。テイラーはこの曲のことを知らず、自分をからかうような歌詞の使用を認めたことはないと強調した。

 テイラーはグラミー賞のスピーチで、邪魔をするような人たちに悩まされないようにしてほしいと若い女性に激励メッセージを送ったが、ファンやカニエに批判的な向きの多くは、これがカニエに対する当て付けだと受け止めた。

 「世の中の若い女性に伝えたいことがあります。生きていると、成功の邪魔をしようとしたり、他人の偉業や名声を自分の手柄にしようとしたりする人が現れます」とテイラーは壇上で語った。

 カニエとテイラーの対立は2009年にさかのぼる。VMAs授賞式でテイラーが最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞すると、カニエはステージに乱入してテイラーからマイクを奪い取り、友人のビヨンセ(Beyonce)が受賞すべきだと訴えた。

 カニエとテイラーはその後、わだかまりを水に流した様子を見せ、テイラーは昨年のVMAs授賞式でカニエにビデオ・バンガード賞を授与した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial