GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.25(Thu)

アントニオ・バンデラスと熟年離婚のメラニー・グリフィス、早くも新恋人を募集中!?

メラニー・グリフィス

女優のメラニー・グリフィス(Melanie Griffith, 58)が、新たな恋人を射止めるため、全く新しい男性層をターゲットにしているようだ。2014年6月に俳優のアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)と結婚18年目で破局を発表したメラニーだが、熟年離婚後の独身生活についてはまだ模索中だという。

「つい最近離婚が成立したから、これから全く違ったタイプの男性を射止めなくちゃ」とメラニーは米ファッション情報サイト「Elle.com」で告白した。「だけど私には上は33歳から下は19歳の子どもが4人いるし、子どもたちのことを何よりも愛しているわ」

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に主演した女優ダコタ・ジョンソンは彼女の娘の1人であり、メラニーは育児が落ち着いた頃に女優業を再スタートさせた。1988年に主演を務めた映画『ワーキング・ガール』でアカデミー賞(R)の主演女優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞を受賞した輝かしい経歴を持つ一方で、ここ数年は母親業優先のためスクリーンから遠ざかっていた。そのため、人から女優の仕事について聞かれると少し不思議に感じてしまうという。

「私の年齢で1人の女性でいることと、仕事をすることは別もの。特に子育てで長く仕事から離れていた女性にとっては。今になって仕事に復帰することは、それだけで全く新しいチャレンジだわ。もちろん素晴らしいことでもあるし、それと同時に妙なことでもあるの」とメラニーは語った。

「『よ、名女優!』なんて人に言われたら、『ええ、そうよ。延々と働いていたもの。私がしていることは自分が一番わかっているし、私が好きなことをしているの。だからありがとう』と私は答えるわ。この業界には忘れっぽい人が多いから」

メラニーが出演する3作品が近々公開される。いずれも端役ではあるが、彼女は再び演技の仕事ができることを嬉しく思っている。

「いろんなことをやってきたわ」とメラニー。「ジョン・ヴォイト(Jon Voight)との共演、ジェームズ・フランコ(James Franco)との共演。いろんなことをたくさん経験できてとても楽しいわ。全部ちょい役だけど、古いことわざで『どんなに小さな役でも真剣に演じなさい』と言うでしょ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.07(Mon)

「2021最新版」 田中みな実さんの愛用コスメ16選!一挙公開
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial