GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.19(Fri)

ジェニファー・ガーナー、ベン・アフレックとの離婚後は子どもたちの幸福を最優先!

ジェニファー・ガーナー

 女優のジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)は、元夫で俳優のベン・アフレック(Ben Affleck)がそばにいなくても子どもたちが落ち込むことのないようにしてあげたいが、ベンが近くにいると「気が疲れる」というジレンマを抱えているようだ。

 ジェニファーとベンは2015年6月に結婚から10年で離婚することを発表。しかし長女ヴァイオレット(Violet, 10)ちゃん、次女セラフィナ(Seraphina, 7)ちゃん、長男サミュエル(Samuel, 3)君の3人の子どもたちのためにも友好的な関係を保っている。ジェニファーはロサンゼルスの自宅にあるゲストハウスにベンを泊まらせることもあるくらいで、ストレスを感じても元夫との関係には影響がないようだ。

 「今の彼女は以前よりリラックスして、人生を楽しんでいるように見えるわ」とある事情通は米People誌に語っている。「また幸せそうにしているのはうれしい。子どもたちはベンが家にいると楽しそうだし、だからこそジェンも家に泊まるのを認めているの。ベンがいなくても子どもたちが落ち込まないようにしたいと心がけている。でも精神的に疲れがたまることでもあるわ」

 「(ベンは)子どもたちやジェニファー、そしてお互いのためにも、尊敬の気持ちを持って接するようにしている」と別の事情通もつけ加えた。「そのことについては、ベンがぶれたことは一度もない」

 2人ともトップクラスのハリウッドスターということもあり、多忙な日々が続いている。ベンは現在、最新作『Live by Night(原題)』の撮影をもうすぐ終えるところで、ジェニファーは最新作『Miracles from Heaven(原題)』のプロモーション中だ。それでも家族としてできるだけ多くの時間を一緒にすごすようにしているという。そんな一家の好きな場所はサンタモニカにある「フォルマ・レストラン&チーズバー」だという。

 「2人が夫婦じゃないことは誰が見ても明らかだ」とある目撃者はPeopleに語っている。「子どもたちは彼に学校で何があって、これからどんな行事があるのかを延々と話しているからね」

 ジェニファーとベンが復縁する可能性はないが、さらに別の事情通は2人が子どもたちを常に最優先していると話している。子どもたちが普通の感覚を失わないようにするため、定期的にピザパーティーを開くことも含まれているようだ。

 「2人なりのやり方だよ」と事情通は語った。「今のところはそれでうまくいっている」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial