GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.15(Mon)

結婚3度のケイト・ウィンスレット、恋愛遍歴は聞く方が野暮!?

ケイト・ウィンスレット

英女優のケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)は、過去にジム・スレアプレトン(Jim Threapleton)とサム・メンデス(Sam Mendes)というふたりの映画監督との結婚していた時期があり、現在は実業家ネッド・ロックンロール(Rocknroll)と結婚しており。夫妻の間には息子ベアー(Bear)君がいる。その他にも多彩な恋愛遍歴で知られるケイトだが、世間がその点に興味を示しても、そこは余裕綽々でかわすのが大女優というもの。

「そうねぇ、何にせよ3回も結婚しているからね」と、英OK!誌に自分の人生で映画に使えそうな瞬間を3つ挙げろと聞かれたケイトは笑い飛ばした。

「わたしの人生を物語るには、一幕だけではとても描き切れないわよ!」

実話に基づいた映画に出演した経験もちろん豊富なケイトは、“ピーター・パン”の生みの親である英国作家ジェームズ・M・バリー(J. M. Barrie)を描いた『ネバーランド』や、最近では昨年公開されたスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の伝記映画にも出演している。後者『スティーブ・ジョブズ』 では、ケイトはアップル社のマーケティング担当重役ジョアンナ・ホフマン(Joanna Hoffman)役を演じ、ジョブズ役のマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)と共演。このジョアンナ役のために、ケイトはかなり思い切った変身をして、その姿を自撮りして監督のダニー・ボイル(Danny Boyle)に送りつけて役を勝ち取ったという。

「わたしは、本物のジョアンナ・ホフマンとまったく似ていないのよ。『でも、自分をジョアンナ・ホフマンのように見えるようにすれば、台本を送って来てくれるかもしれない』と考えたの」と、ケイトは振り返った。

「そこで、優しいわが夫がウィッグショップに行って、いくつかウィッグを買ってきてくれたの。短髪のものと、中ぐらいの長さのものをね。わたしは、メイクを落とし眼鏡をかけ、短い黒髪のウィッグを着けた自分の写真を撮って送りつけたのよ」

この策が功を奏してジョアンナ役にキャストされたケイトは、この役により助演女優賞候補として7度目のアカデミー賞ノミネートを達成。ケイトは、過去に2008年映画『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を既に受賞している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial