GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.12(Fri)

ふだんはブローもしないジェニファー・ガーナー、ルックスにこだわらないのは両親の影響?!

ジェニファー・ガーナー

手をかけすぎていないナチュラルな美しさで好感を集めている米女優ジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner, 43)が、実は髪をどうやってブローすればいいかも知らないと告白した。美しさの決め手になるのはメンテナンスに手をかけることではなく健康でいることだと考えているジェニファーは、メークやヘアスタイリングをほとんどせずに過ごすことが多いらしい。「この前出演した映画のために髪をブロンドにしなくてはならなかったの。ブロンドにしても、世間で言われているほど楽しくはなかったわね」と、ジェニファーはInStyle誌イギリス版のインタビューで話している。「撮影が終わったら、すぐに髪をもとの色に戻すつもりだったわ。私はどうやって髪をブローすればいいかも知らないから、髪をブラッシングしただけで褒めて欲しくなっちゃうの。ふだんは髪をとかしもせず、ポニーテールにしちゃっているしね。私はヘアスタイリングよりメークのほうが得意なのよ」。

メークアップ・アーティストの故ポール・スター(Paul Starr)さんから「好きなアイメーク法を見つけて、そのアイメークをうまくやれるようにするといい」と教えられたジェニファーは、アイラインを目じりではね上げる“ネコ目メーク”を定番にしている。今でこそ自分に合うメーク法を心得ているジェニファーだが、若い頃は派手なメークをして大失敗したこともあるようだ。「ガーナー家の姉妹は、パーマにもイヤリングにもメークにも手を出さないことになっていたの。でも、中学1年生の時に部屋でこっそりメークをしたことがあってね。青いアイシャドーとチークを塗ったんだけれど、あのメークは本当にひどかったわ」と、ジェニファーは笑いながら明かしている。

ジェニファーが清潔感のあるルックスを維持しているのは、“人間は外見より中身が大切”だと両親に教えられて育ったからだという。「私には妹が2人いるけれど、我が家では外見の美しさが話題になることがまったくなかったわ。外見より中身が大切だと両親に教えられて育ったから、ヘアカットに8ドル(約890円)以上かけることもなかったわね。今でもふだんは、まったくメークしてないわ。仕事のためにメークをして別人になることもあるけれど、子どもたちにはありのままの私を知って欲しいの」と、ジェニファーは話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.27(Wed)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
nanat
nanat

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial
GLAM Editorial