GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.02.04(Thu)

クリステン・スチュワート、「シャネル」の新しい広告キャンペーンの顔に!

クリステン・スチュワート

映画『トワイライト』シリーズで知られる米女優のクリステン・スチュワート(Kristen Stewart、25)が、「シャネル」(Chanel)の化粧品の今春キャンペーンの顔に決定したことが2月2日に発表された。

「シャネル」のクリエイティブ・ディレクターであるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)と以前からしばしば仕事を一緒にしたことがあるクリステンは、同ブランドの“Collection Eyes 2016”キャンペーンに人気ファッション写真家マリオ・テスティノ(Mario Testino)の撮影でもって「現代女性の多様な顔」を表現している。

それらの一連の白黒写真のポートレイトの中には、クリステンが手で自身の顔のほとんどを隠し、鼻と片方の目だけを見せているという写真も含まれている。このショットでは、クリステンは濃い目にアイライナーを塗り、きれいに整えて描かれた眉が鮮烈だ。

クリステンとカールの縁は深い。クリステンは、2013年には「シャネル」が主催した“Metiers d'Art Paris”の米ダラス市でのコレクションショーの宣伝の顔を務め、また昨年2015年12月に行われた“Metiers d'Art Paris”のローマ市コレクションショーのために製作され、カールが監督した短編映画「Once and Forever」には主演している。後者は、「シャネル」創業者のガブリエル・”ココ・“シャネル(Gabrielle Chanel)を描いた伝記的な映画で、ココを演じたクリステンの演技をカールは絶賛している。

「彼女はすばらしいよ」と、カールはファッション業界紙WWDに対して語っている。

「同世代の女優のなかでも、もっとも実力のあるひとりだと思う。これだという感情と緊張をすぐさま出してもらえるから、監督として彼女と仕事をするのはすごく楽なんだ。仕事を一緒にしやすい点では、(共演の)ジェラルディン(チャップリン=Geraldine Chaplin)と同じぐらい」

監督としてのカールは、女優たちに何度もテイクを許さない、舞台劇的な一回勝負が好みだという。それが作品に“新鮮さ”を生むとカールは考え、クリステンもカールのこの監督スタイルのファンだそうだ。

「実のところ、台本といえるほどのものは貰わなかったの」と、クリステン。

「はた目からしたら、カールがその場で思いつきながら進めていたと思えたかも。実際そうだったかもしれないわね」

クリステンが登場する「シャネル」化粧品の新キャンペーンは3月から始まる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat