GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.01.28(Thu)

セレーナ・ゴメス、チャーリー・プースとのコラボ曲を彼のクローゼットの中でレコーディング!

セレーナ・ゴメス

 人気歌手のセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)は、チャーリー・プース(Charlie Puth)とコラボしたチャーリーの曲「ウィ・ドント・トーク・エニモア」のボーカルを、彼のホテルのクローゼットで録音したとチャーリーが明かした。

 ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)の「シー・ユー・アゲイン」にフィーチャリングされて話題となったチャーリーは、日本でのツアー中に「ウィ・ドント・トーク・エニモア」の仕上げ作業に取りかかり、セレーナがコラボで参加できたらというアイディアを思いついたと明かした。

 「この曲は日本で作ったから、国際的な感じを出したかったんだ」とチャーリーは米People誌で説明した。「セレーナも乗ってくれて、完ぺきな仕上がりになったよ」

 「彼女とは親しいから、いつかコラボしたいと話をしていたんだ。だから曲を仕上げる時、『セカンドバースを君が歌ってくれたらクールじゃない?』と言ったんだ。それが今回のコラボにつながった」

 「彼女が(滞在中のホテルに)来てくれて、レコーディングした。スタジオがなかったから、クローゼットの中でレコーディングしたんだ。彼女のおかげで曲がすごく良くなったよ」

 どうやらセレーナにとっては、世間を騒がせたジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)との交際を含む波乱万丈の恋愛関係が、同曲でコラボする気になった要因の1つのようだ。

 「セレーナと会った時のことを覚えているよ」とチャーリーは米MTV Newsとのインタビューで振り返った。「彼女は恋愛の話でメディアの注目の的だった。くっついたり別れたりを繰り返していたから、この曲や叙情的な感情にすんなり入ることができた」

 「この曲を聴いてもらったら、いきなりセカンドバースを歌い出したんだ。『すごい、本当にリアルだよ。ぜひ歌ってくれないか』と言ったら、イエスと言ってくれた」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial