GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.01.16(Sat)

ジェニファー・ローレンス、最年少でオスカー4度ノミネートの快挙を達成!

ジェニファー・ローレンス

 ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 25)が、アカデミー賞(R)に最年少で4度もノミネートされるという快挙を成し遂げた。

 ジェニファーは最新作『Joy(原題)』の演技が高く評価され、14日に発表された2016年アカデミー賞ノミネーションで主演女優賞候補に名前を連ねた。しかし受賞するには『キャロル』のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)、『ルーム』のブリー・ラーソン(Brie Larson)、『さざなみ』のシャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling)、『ブルックリン』のシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)らとの激しい競争を勝ち抜く必要がある。

 ジェニファーは2011年の映画『ウィンターズ・ボーン』で初めてオスカー主演女優賞にノミネート。当時はまだ『ハンガー・ゲーム』シリーズには出演しておらず、女優としてはほとんど無名だった。この時は『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)に競り負けた。

 しかしジェニファーは世界で最も注目を集める映画イベントのレッドカーペットに登場した時のことを、今でもまるで昨日のことのように思い出すという。

 「世界で最も信じられない出来事だったから、もう圧倒されるとばかり思っていたわ」とジェニファーはオスカー特番「OTRC」で語った。「みんなに観てほしいと思える、ささやかな映画を作って、サンダンス(映画祭)に出品できればと思っていたわ。そしたらオスカーのレッドカーペットを歩くことになった。だからすごく奇妙な、『ああ、どうしよう』みたいな瞬間になると思っていたわ。そしてカーペットに出ると、『どうしよう、本当に信じられない!』という気分で、みんなに叫び始めたの」

 2013年には『世界にひとつのプレイブック』で主演女優賞を受賞。オスカー像を受け取るためステージに上がる際につまずいたのは有名な話だが、世界中のファンからさらに愛されるようになった。

 2014年には『アメリカン・ハッスル』で助演女優賞にノミネートされたが、『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong’o)に破れた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki
Saki

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi