GLAM Editorial

2016.01.06(Wed)

レオナルド・ディカプリオ、モデルのケリー・ローバッハと別れてふたたび独り身に!

レオナルド・ディカプリオ

これまで、ジゼル・ブンチェン(Gisele Bundchen)、バー・ラファエリ(Bar Refaeli)、 トニ・ガーン(Toni Garrn)、エリン・ヘザートン(Erin Heatherton)などの美人モデルたちと浮名を流してきた米人気俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio、41)は、これまたモデルのケリー・ローバッハ(Kelly Rohrbach、25)との交際が昨年6月から新たに伝えられていたが、どうやらふたりの関係は少し前に終わったようだ。

「ふたりは、もう1カ月以上前に別れています」と、事情通がUsMagazine.com.に対して明かしている。

「おたがい納得の上のことです。ふたりとも仕事でとても忙しいスケジュールを抱えている上に、他にもたくさんやりたいことがそれぞれあります。そのため、この交際から身を引き離す必要があったのですね。ふたりは、まだ互いに友人であり、会話をしあう仲ではありますが、恋人としての関係は終わっています」

世界的水着特集誌Sports Illustrated Swimsuit Issueのモデルを務めるケリーと別れて、どうやら独り身の男として昨年のクリスマスと2016年の新年を、カリブ海のサン・バルテルミー島で過ごしたらしいレオナルドは、最近独TV Movie誌に女性に何を期待するかを語っていた。

「そうだね、気候変動がもたらす危険が現実のものでないと思っている女性とは、とても自分は一緒に居ることはできないね」

地球温暖化問題を深く憂いているレオナルドは、2014年には国連気候変動サミットにおいて、「これまで人類は、気候変動の問題を、何か別の惑星の話でもあるかのように、あるいはまるで作り話であるかのように思い込もうとしてきた」と演説したほどだ。

加えて、レオナルドは、「地球に棲むすべてのものたちの長期的な健康と幸福を追求する」ことを目的とする「レオナルド・ディカプリオ財団」も自ら設立して、運営に関わっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

NEW 2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.08(Sat)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial

2021.06.03(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial