GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2016.01.05(Tue)

ブラッドリー・クーパー、母親とGFイリーナ・シェイク双方との同居を熱望!?

ブラッドリー・クーパー

映画『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・スナイパー』などで知られる米人気俳優ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)は、2015年4月からロシア出身のモデル、イリーナ・シェイク(Irina Shayk)と交際中。

ふたりの関係は順調のようで、ふたりはいまや同居を検討中と伝えられている。しかし、ブラッドリーに近い関係者によると、ブラッドリーはイリーナとふたりだけで住むのではなく、自身の母グロリア(Gloria)さんとも一緒に暮らしたいという希望を持っているそうだ。

「ブラッドリーは、母上が高齢になって来ているのをすごく気にしていて、彼女にもイリーナと同じく自分と一緒に住んでもらいたいと思っています。そうすれば、お互いに会いに行く時に避けられない飛行機による長時間の旅行が避けられますからね」と、事情通が英Grazia誌に対して語っている。

グロリアさんは現在フィラデルフィア市に在住。一方、ブラッドリーはロサンゼルスに暮らしているが、ニューヨークで物件を探していると見られている。

実は、すでに数年前に、一時期ブラッドリーはグロリアさんと一緒に住んでいたことがある。

「2011年に父上を失くして以来、ブラッドリーはグロリアさんを一層大事にするようになりました。ふたりは、まるで親友のような感じですね」と、同じ事情通がさらに付け加えた。

「ブラッドリーは、グロリアさんに毎日数回電話を掛けますが、本当のところは母親に自分と一緒に住んでもらいたいのが望みです。実際、ブラッドリーのロサンゼルスの家にグロリアさんを迎えて2年ほど一緒に暮らしてもらったこともあるのですが、その折はうまくいかなかった。特に、当時ブラッドリーの彼女だったレネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger)にとっては、この同居は大変なストレスになってしまったようです。現に、ブラッドリーとレネーは、数カ月後に別れてしまうことになりました」

そう聞くとちょっと心配だが、幸いなことに、イリーナはブラッドリーの母親とは、とても仲が良いのだという。

「イリーナは、グロリアさんを立てて何かと彼女の希望にお任せするようにしているので、これが平和を保っているようです。それに、今度は小さめのアパートにみんなで暮らすということにはなりません。ブラッドリーは、マンハッタンはセントラル・パーク付近の、広大な物件を購入することを考えていて、三人がそれぞれ自分の空間を確実に十分取れるようにするつもりでいます」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team