GLAM Editorial

2015.12.25(Fri)

グェンドリン・クリスティー、『スター・ウォーズ』の衣装がまったくセクシーでないのが嬉しい!

グェンドリン・クリスティー

公開中の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でキャプテン・ファズマを演じている英女優グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie、37)。J・J・エイブラムス(J.J. Abrams)が監督する人気スペース・サガ新章で、グェンドリンは銀色のメタリックな装甲を着て登場する。セクシーさのまったくないこの衣装は、威圧感と邪悪な雰囲気をひたすら醸し出すものだが、これこそまさにグェンドリンが今回の映画で一番喜んでいる部分だ。

「この衣装を始めて見た時はほんとうに興奮した」と、英ネット配信ラジオ局Absolute Radioに対してグェンドリンは微笑んだ。

「事前に話は聞いていたのだけれど、実物を見た時の衝撃は凄かった。『そうは言っても、どこか女性らしさも放り込んだに違いない』という、わたしの予想を完全に裏切ってくれた。すごくモダンで適切だと感激したわ」

帝国の歩兵機動部隊であるストーム・トルーパーの一隊を率いるキャプテン・ファズマは、『スター・ウォーズ』シリーズの象徴とも言えるストーム・トルーパーたち同様、お馴染みの例の大きなヘルメットと身体全体を包む装甲を着込んでいる。『スター・ウォーズ』シリーの長年のファンだったというグェンドリンは、この役を勝ち取ったことに大いに満足している。女性がこれほど強烈な悪役に起用されたことは大きな話題になったが、グェンドリンとしては、女性も悪役を演じることがもっと当たり前になってもらいたいと考えているようだ。

「そんなに驚かれるべきでないのだけれど、驚かれているわね。これは、メインストリームのメディアで女性の描き方がずっとありきたりだったせい。わたしがキャプテン・ファズマの衣装で気に入っているのは、変に女性っぽくしたりセクシーにしたりしていない点なの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial