GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.12.24(Thu)

ジョニー・デップ、ハリウッドで最も「もらいすぎ」な俳優に選ばれる

ジョニー・デップ

 俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 52)が、2015年のハリウッドで「最も出演料が高すぎる俳優リスト」のトップに選ばれた。

 _米Forbes誌が毎年発表するもので、ジョニーは昨年トップだったアダム・サンドラー(Adam Sandler)に代わって1位となった。『トランセンデンス』と『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』の2作が興行的に大失敗したのが理由で、ジョニーの出演料1ドル20セント(約145円)につき、回収できたのは合計でたったの1ドルにとどまった。

 インチキ美術商のモルデカイが主人公の『チャーリー・モルデカイ』は製作費が6,000万ドルだったのに対し、興収は4,730万ドルで、うち北米興収は770万ドルだった。

 一方、『トランセンデンス』は世界興収が1億300万ドルだったものの、巨額の製作費を回収するまでにはいたらなかった。

 しかしジョニーは人気作の続編が2本も控えており、不名誉な結果は長続きしないですみそうだ。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5作『Dead Men Tell No Tales(原題)』は2017年の公開が予定されており、2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編『Alice Through the Looking Glass(原題)』は来年に公開を控えている。

 今回のリストを作成するにあたり、Forbesは各俳優が2015年6月以前に出演した作品を検証したが、アニメや限定公開作は含まれていない。

 『ジャックとジル』や『俺のムスコ』が興行的に大失敗だったアダムは、去年まで2年連続でリストの1位だった。しかし新しく米映像配信会社Netflixとの制作契約を結んだため、今年は対象から外れた。

 今年のリストで意外にも2位につけたのはデンゼル・ワシントン(Denzel Washington)だった。大失敗作は特にないが、出演料1ドルにつき稼いだのは6.50ドルにとどまった。しかし製作費5,500万ドルだった『イコライザー』は1億9,230万ドルの興収を上げている。

 他にもウィル・フェレル(Will Ferrell)、リーアム・ニーソン(Liam Neeson)、ウィル・スミス(Will Smith)らがトップ5を占めた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team