GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.12.11(Fri)

ケイト・ウィンスレット、豪版アカデミー賞で主演女優賞を受賞!

ケイト・ウィンスレット

 英女優のケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)の最新作『The Dressmaker(原題)』が9日、豪版アカデミー賞と称されるオーストラリア映画テレビ芸術アカデミー(AACTA)賞を席巻し、同国の映画業界で賞賛を浴びた。

 『タイタニック』などで知られるケイトはシドニーで開催された授賞式で、高い評価を得ている同作で主演女優賞に輝いた。共演のヒューゴ・ウィーヴィング(Hugo Weaving)とジュディ・デイヴィス(Judy Davis)も助演賞をそれぞれ受賞した。

 さらに同作は豪映画を対象とした観客賞も獲得したが、最高賞である作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が受賞し、ジョージ・ミラー(George Miller)には監督賞が与えられた。

 男優賞は『Last Cab To Darwin(原題)』のマイケル・ケイトン(Michael Caton)が獲得した。

 授賞式では豪女優のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)が映画業界への貢献を称えられ、功労賞を贈られた。

 ケイトはオーストラリアにおける最高の俳優賞であるロングフォード・ライル賞を受け取る際、感極まって涙を流し、授賞スピーチでは同国人に映画界での仕事を目指すよう励ました。

 「泣き出してしまうダメな人の1人になってしまったわ…。ただの賞なのに」とケイトは込み上げる感情を抑えるのに苦労しながら語り、映画界におけるオーストラリア人の活躍についてこうつけ加えた。「割当制じゃない。戦って勝ち取るべきものだわ」

 リドリー・スコット(Ridley Scott)やマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)もケイトに祝辞を寄せ、また一緒に仕事がしたいと絶賛。最新作『キャロル』のトッド・ヘインズ(Todd Haynes)監督はケイトのことを「かがり火、銀河、そして剛毅な人」と形容した。

 「最高の役者で、演技という仕事に敬意を払っている」とロン・ハワード(Ron Howard)監督も絶賛している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat