GLAM Editorial

2015.12.09(Wed)

ヴィクトリア・ベッカム、夫のデビッドが若々しくハンサムすぎるので自意識過剰に!

ヴィクトリア・ベッカム

ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham, 41)は夫のデビッド(David)の隣で自分の容姿を気にしているという。

「スパイス・ガールズ」のメンバーからファッション・デザイナーに転身したヴィクトリアは、最近ロンドンで開催されたBritish Fashion Awardsに参加した際に、シックにきめたファッションのデビッドと一緒に写真撮影を受けた。夫の隣でポーズを取っていたヴィクトリアは輝くようなスベスベの肌で、我を忘れるほどの美しさだった。

しかし、関係者筋によると、ヴィクトリアは加齢が容姿に及ぼす影響を次第に気にしてきているという。

「デビッドは上手に年齢を重ねているので、ヴィクトリアは一緒に写真に写るときに自分の容姿が気になり始めたんです」と事情通が英版new!誌に語った。「自分がデビッドの隣に立ったシワがちなおばさんみたいに見えるのでヴィクトリアはパニックに陥っています。ヴィクトリアの不安定な気持ちを理解するためには2人の関係の出発点を振り返らなければなりません。当時、誰もがデビッドのことを幸運な男性だと思っていましたが、その後、2人の関係は大きく変わりました」

完璧な美貌に加え、ヴィクトリアはスレンダーな体形でも知られていて、彼女がデザインした最新の服を見にまとった姿は言葉にならないほど美しい。そんなヴィクトリアでも、顔かスタイルのどちらに焦点を当てるかの選択の時期にさしかかっているという。

「かつてヴィクトリアはスタイルと顔のどちらかを選択する日がやって来ると語っていました。痩せているけどシワが寄っているのか、今よりも肉感的だけど肌がつるっとしているのかの二者択一です」と事情通はつけ加えた。「ヴィクトリアはデビッドと結婚できてラッキーだなんて他の人から絶対に思われたくないので、いつもお化粧に気をつけています」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial

2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial

2020.11.09(Mon)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial