GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.11.21(Sat)

濃厚ラブシーンを演じまくりのジョシュア・ジャクソン、恋人ダイアン・クレーガーが理解してくれて感謝!

ジョシュア・ジャクソン&ダイアン・クレーガー

TVドラマ『ドーソンズ・クリーク』や『FRINGE/フリンジ』などで知られるカナダ出身俳優のジョシュア・ジャクソン(Joshua Jackson)は、2006年以来ドイツ人女優ダイアン・クルーガー(Diane Kruger)と恋人関係にある。それなりにラブシーンを演じることが多いふたりだが、互いのラブシーンは仕事をしているだけと割り切って気にしないという共通理解が出来ているとのこと。2014年に始まったTVドラマシリーズ『The Affair』で特にエロさ最上級のベッドシーンを見せてくれているジョシュアとあって、さすがにこれはいくらなんでもダイアンが嫉妬するのではないかとつい思ってしまうところだが、どうやらその心配はなさそうだ。

「番組自体は、とてもエロチックだけれど、登場人物同士の関係はかなり歪んでいるから、カメラの前で描かれていることに、ダイアンがぼくたち自身たちのことと結びつけてヤキモキすることはないと思うよ」と、ジョシュアはETに対して語っている。

「でも、彼女自身も女優で、理解してくれているのはありがたいね。この業界のひとでなかったら、この内容を見せつけられたら、受け止めるのがちょっと大変だったかも」

ダイアンが、ジョシュアがセックスシーンを撮影するのを仕事として受け止めてくれているにせよ、“情事”という事象の様々な感情的・精神的側面を深く掘り下げている同番組は、視聴するカップルたちの間にかならず熱のこもった会話をもたらすのに違いないことは、ジョシュアも認めるところだ。

「ぼく自身も、見ていてきつい時があるくらい番組だもの。カップルや人々の間で、難しいトピックをめぐる会話を引き起こす内容だからね」

そんなジョシュアは、近づくウィンターホリデーの予定も明かしてくれた。ジョシュアは、11月25日のサンクスギビングの感謝祭をアメリカでダイアンと過ごした後、ふたりで彼女の出身地ドイツに行き、クリスマスを過ごす予定。伝統的なドイツの風習を楽しみにしている一方、避けられそうにない体重増をジョシュアは心配もしているのだとか。

「ダイアンの家族は、その季節はとにかく食事をひたすら楽しむのさ」と、ジョシュアは米People誌に語った。

「ドイツ人は、ひと一倍クリスマス好きで、一カ月近くお祝いしている感じ。アメリカに帰ってくるころには、ぼくはきっと300ポンド(約135キロ)ぐらいになっているよ。20日間ほど、連日ひたすら食べまくりになる。食事が美味しいから、最高だけれどね!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.04.23(Thu)

田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat