GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.13(Fri)

カーラ・デルヴィーニュ、愛する人のためなら死ねると激情ぶりを告白!

カーラ・デルヴィーニュ

 英モデルのカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne, 23)は絆を大切にするあまり、愛する人のためなら車の前に飛び込むこともできると宣言している。

 カーラは常に自分より他人を優先するため、大切な人たちにとって良き友人、良きパートナーであることに誇りを感じている。というより、いざという時は本当に大切な人のために命をかけることも平気だという。

 「私にとって、世界で最も大切なものの1つが絆なの」とカーラは英Loaded誌に語っている。「誰かのことを大切に思ったら、その人のために車の前に飛び出すことだってできる。一心同体になるタイプなの。信頼と絆がないとそう思わないわ」

 カーラは女性シンガーのセイント・ヴィンセント(St. Vincent/本名:アニー・クラーク、Annie Clark)と約1年前から交際しており、関係がとてもうまくいっている理由を自覚しているという。共通点が多い2人だが、お互いへの愛情を固めたのは、それぞれ相手が持たない特徴だったようだ。

 「自分に似た人とは付き合わない。お互いに殺し合うことになってしまうから」とカーラは説明した。「プランを作れる人が必要なの」

 もちろんカーラはポジティブな性格も持ち合わせており、愛する人たちのためなら必要以上に努力することもいとわない。また、ここ数年は音楽活動への希望も公言しており、アルバムをリリースしたいと語ったこともある。親友の中には実際にカーラの歌声を聴いた人もいるようだ。

 「何人かの前でセレナーデを歌ったことがあるけど、すごく恥ずかしかった」とカーラは先日、笑って明かした。「以前はラブレターをよく書いていて、誰かに会うために日帰りで行くには遠すぎるところまで行ったこともある」

 カーラは誰の前で「ミニコンサート」を開いたのか詳細を語らなかったが、秘密を抱えることで知られる彼女だけに、驚きにはあたらない。仕事や子どもの頃を喜んで語る一方で、私生活についてはあまりオープンになるのを避けている。

 「公の場での発言を常にチェックするのは大きな時間のムダだと思うし、そんな制限されるような生き方は本当に悲惨だわ」とカーラは以前、英版OK!誌で打ち明けている。「自分の言動で頭がいっぱいの人はたくさん知っているし、世間が聞きたいことを言おうとしている人もいる。そんな生き方はできない。私にとって唯一のリミットは、自分の私生活について何を言うかだけよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial