GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.11(Wed)

マイケル・B・ジョーダン、『クリード』で共演したシルヴェスター・スタローンと肉体の限界に挑戦!

マイケル・B・ジョーダン

 俳優のマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan, 28)が、『クリード チャンプを継ぐ男』の撮影でシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone, 69)に肉体の限界まで追い込まれたエピソードを披露した。

 シルヴェスターは日本でも12月に公開される同作でロッキー・バルボアを再演し、マイケルはアドニス・ジョンソン役で出演している。2人は共演を大いに楽しんだが、マイケルによると、お互いに能力を最大限に引き出したという。

 「スライ(シルヴェスター)はすばらしい役者だし、シーンで必要なものをすべて与えてくれるんだ」とマイケルはエンターテイメント情報サイト「ET Online」で語っている。「一緒のシーンではお互いを限界まで、生々しい感情を見つけるところまで追いつめたと思うよ」

 議論の余地はあるものの、シルヴェスターにとってロッキーは自身の代表的な役であり、1976年の『ロッキー』で初めて演じた。それから長い時間が流れ、大きな変化も経ているが、マイケルはタフなキャラクターの新しい側面がうかがえる興味深い作品だと考えている。

 「彼はリングのヒーローとして描かれていることが多い」とマイケルは持論を展開した。「その彼が少し老いはじめ、肉体にもその陰が忍び寄ってくる…。弱さを感じさせるキャラクターを観ていると、その瞬間に引き込まれる。ロッキーという男が闘いを失っているからなんだ」

 当然ながら、マイケルは同シリーズに参加するにあたり、ボクシングのテクニックを体得する必要があった。幸い、深刻なケガをすることはなかったが、決して楽な撮影ではなかったようだ。

 「ノックアウトされたわけじゃないけど、足を滑らせたり、ジャブを食らったり、ボディーブローを受けたことはあるよ」とマイケルは振り返った。「それは避けられない。自分ではどうしようもないんだ。ただ受けるしかない」

 「精神的に疲れ、肉体的にもボロボロになる。左にステップして、右に移るはずが、彼が右パンチを繰り出し、それが当たる。そんな風に撮影が続いた」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial
GLAM Editorial