GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.06(Fri)

リカルド・ティッシ、「ジバンシィ」の仕事を受けたのは家族を養うため!?

リカルド・ティッシ

2005年2月に「ジバンシィ」のクリエイティブディレクターに就任したリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)は、その後同ブランドをさらに強力なものに導き、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、アマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)、ウマ・サーマン(Uma Thurmanなどのセレブにもファンを多数獲得している。そんなリカードは、11月2日に行われたCFDA(アメリカファッション協議会)/Vogueファッション基金のイベントに出席、その際に自身のこの10年を振り返っている。

「彼らが声をかけてくれた時、ぼくはまだとても若くて、デザイナーとしての自分のアイデンティティをようやく見出しかけていたころ。それなので、最初は受けたいとは思っていなかった」と、Vogue欧州の編集者ハミッシュ・バウルズ(Hamish Bowles)に対してリカルドは打ち明けた。

「だから、完全にパニックになりかけたね。でも、当時、家族は経済的に苦しくて、それがこの仕事を受けた理由だった」

リカルドは、「ジバンシィ」での当初の苦労も語っている。ダークでドラマチックな彼のデザインが、初めはそれほど受け入れられなかったのである。しかし、リカルドは、自分のビジョンに忠実であり続け、自分のデザインした服こそ「ジバンシィ」のアイデンティティとすべく、メディアやセレブとの接触はなるべく控えたという。

「最初の5年は、インタビューを受けるのは躊躇していた。どのメディアにも顔を出さなかった。セレブに服を提供するのもやめた。自信がなかったからね」

ファッション業界のスターの誰もと同様、多忙なスケジュールをこなすリカルド。のんびりしていられる時間は少ないだろうが、ソーシャルメディアでは時折の休暇旅行などの様子をインスタグラムにアップしている。

「最初の5年は、仕事狂だったけれど、ジョン・ガリアーノ(John Galliano:「デイオール」から解雇)やアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen:自殺)たちの件があって、すべてが変わった。自分も立ち止まって、いろいろ考えたよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial